「なかのひと」法人版、『UserInsight』では何がわかるのか?使用感を徹底レビュー!

SPONSORED LINK

Pocket

ui_top.gif

さて先日から導入している「なかのひと」の法人版、UserInsightですが、データがたまってきたのでちょこっと使用感をレビューしてみます。導入を検討されている方は参考にしてみてくださいな。

なお、機能は盛りだくさんなのですが、個人的にぐっと来たポイントをあげていきますね。全体的に高機能でありながらも、アクセス解析ツールにありがちな「とっつきにくさ」がうまいこと排除されているな、という印象です。

では早速。

  • 組織別アクセス解析がすごい
  • 「なかのひと」といえばこの組織情報。どの組織からアクセスされたかが一目瞭然です。

    ui_1.gif

    ↑ タグクラウドのようにアクセスが多ければ大きく表示されます。

    さらに画面をアップするとあれなので言葉で書いちゃいますが、組織ごとのアクセス履歴を見ることも可能です。どのようなキーワードで検索してそこにたどり着き、どこへ行ったのかが一目瞭然です。

    これを見ていると「この企業の人が興味あるのはそれかー」とわかって超絶便利っす。営業もかけやすいというかなんというか。

  • ユーザー属性分析がすごい
  • これはもう「なかのひと」のお家芸ですが、ユーザー層を年代や性別で把握しているところがすごいです(詳細は秘密ですが、緻密なデータベースによるものらしいです・・・信憑性は高いかと個人的には思います)。

    ui_4.gif

    ↑ まずはページごとの分析。「常連」や「女性」といった端的な特徴を教えてくれます。すげー。

    ui_5.gif

    ↑ ふむふむ、というしかないっすね。「マスメディア」などの業界ごとの分析もしてくれます。わかりやすい!

    ui_9.gif

    ↑ さらにページごとの解析結果へ。こうした属性から・・・。

    ui_10.gif

    ↑ こんなことまでわかりますよ。

    ui_industry.gif

    ↑ さらに業界別アクセスランキング・・・すごいぞ。

  • 検索キーワード分析がすごい
  • 検索キーワードの分析もわかりやすすぎです。ユーザー属性を把握しつつ、どちらの検索エンジン向けに最適化すればいいか一目瞭然。

    ui_6.gif

    ↑ どうですか、これ。

    ui_7.gif

    ↑ さらに検索キーワードをクリックすると「アクセスアップが望めるキーワード」も教えてくれます。こういうの欲しかった!

  • ヒートマップ分析がすごい
  • UserInsightのもうひとつの特徴であるヒートマップ分析もすごいですね。

    ui_heat.gif

    ↑ どこがクリックされたかわかりやすすぎ。

    ui_dokuryo.gif

    ↑ 長文エントリーがどこらへんまで読まれているか一目瞭然。

  • いろんなワードがわかりやすい
  • ちょっとしたことですが、要所要所で使っている語句がわかりやすいのも特徴。

    ui_8.gif

    ↑ じっくり読まれているページ一覧。「熟読度」とかいいですね。

    ui_cgm.gif

    ↑ ページの参照元分析。「CGM」経由というものがあるのですが、内訳はこんな感じ。これも直感的ですばらしい。

    ui_user.gif

    ↑ 時間帯もこういう表示をしてもらうとわかりやすいですね。

以上、まだまだ「すごいなー」という点は多いのですが、ざっと紹介してみました。ちょっと考えればわかるかと思いますが、こうした機能によって広告効果やサイトの改善点についてより深い考察ができるようになりますね。

「この記事を見たのはどの組織の人で、どの検索ワードを使ってたどり着いたのか」「どういうシーンでこのページを見たのか」「この記事は想定しているターゲットユーザーにリーチできているのか?」といった疑問に答えてくれる便利ツールなのではないでしょうか。

法人向けではありますが、ご興味のある方は一度問い合わせてみるといいですよ。よろしければどうぞ。

» ユーザーインサイトどんな読者が、どうサイトを見たかが分かる Web マーケティングツール

■ 関連記事

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.