プラマイゼロ社の「加湿器 Ver. 3」を一週間使ってみた

SPONSORED LINK

Pocket

pl_top.jpg

さて先日『プラマイゼロ社が提唱する「ちょっと幸せな感じ」とは?』でも書いたとおり、同社の「加湿器 Ver.3」をモニター中です。

1週間ほど経ったので使用感をレビューしてみます。ちなみに今まで加湿器を使ったことはありません。加湿器の購入も検討したことがなくて、「あるといいかもなぁ、でもモノが増えるのもいやだなぁ」と思っていました。そういう前提でのレビューっす。

■ 良いなぁ、と思う点

この加湿器に関しても他の商品と同じように良い点、そうでもない点の両方がありますね。そこのところは正直に。まずはこれは良いなぁ、という点。

  • ノドが痛くなくなった!
  • 一番うれしいのは朝感じていた「ノドの痛み」がなくなったこと。あまりひどい痛みではなくて「ノドが乾燥するなー」ぐらいだったのですが、それでも起きたあとのすっくり具合は本当にうれしいですね。

    比較対象がないのであくまでも体感値ではありますが、プラマイゼロ社の加湿器はスチーム式ということもあり、たしかにきれいな空気が出ているような気がします。近くで深く息を吸い込んでもノドにやさしいというか。

    ここらへんはレビューが難しいですが、出てくる蒸気については不満はまったくないですね。

  • 大きいけどかわいいからOK
  • サイズに関しては「思ったより大きい」という感想を持っていたのですが、デザインがいいので(個人的には)気になりません。

    こういう単体でぽんと置くものは大きさというか、「邪魔と感じるかどうか」が大事だと思うのですが、そういう意味では部屋に溶け込んでいていい感じです。

    plus2.jpg

    ↑ 使わないときでも邪魔だと思いません。

  • 使用方法がシンプル
  • 一応マニュアルを読んだほうがいいかと思いますが、それ以降は何を見なくても迷いようがないほど使用方法はシンプルです。水を入れて電源を入れるだけ。

    こういう家電製品はたまに「確かああいうことができたなぁ・・・設定どうやるんだっけ?」と思ったりしますが、これに関しては読んだらマニュアル捨てちゃってもいいぐらいです。

  • 電源がMac式w
  • この加湿器、電源コードがついているのですが、磁石で軽くくっついてくれます(Macbookみたいな感じです)。こうなっているとちょっと足にひっかけちゃってもすぐにコードが抜けてくれるので安心です。寝てるときに使うので暗いところにありますしね。

    pl_dengen.jpg

    ↑ 地味にここが秀逸。

以上ですかね。ちょっと少ないかもしれませんがw、むしろ存在を忘れるぐらいの溶け込み方をしているという意味でこれぐらいです。

■ もうちょっとなぁ、と思う点

次にもうちょっとここが・・・という点をば。こちらもあまりありませんが。

  • 音?
  • 他の加湿器もそうだと思うのですが、最初に使ったときは「ちょっとうるさいな」という感想を持ちました。それで眠れなくなるわけではないですが、いままで寝るときは静かだっただけにしばらく気になりました(今はもう慣れましたが)。

  • タイマー?
  • 機能がシンプルなのはいいのですが、タイマーぐらいはついているといいかもな、と思います。上に述べたようにちょっと音が気になるので寝た後1時間後ぐらいから発動してくれると良いですね・・・。

    あとスチーム式は電力の消耗が激しいので数時間だけ稼動してくれればエコ的な気分に浸れますね・・・。どれだけ節約できるかの実益よりも、気分的なものですが、こういう「エコ的な要素」は大事だと思います。

    ただ、タイマーがあることで操作が煩雑になることも考えられるので、時計をセットする、というよりもボタンを1回か2回押して設定完了・・・みたいになっているといいなぁ。

以上、勝手なことを述べましたが、「使っていてちょっと気分の良い製品」であることは間違いありません。なんといっても朝のノドの痛みが消えたのが大きすぎますね・・・。

他の加湿器と比較できていないのがちょっとあれですが、デザインが好みでしたらおすすめです。おしゃれインテリアショップには実物がよく置いてありますので是非触ってみてください。

その他の人のレビューはこちら。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.