【東京ブック】 勝利の女神を引き寄せる二つの方法

SPONSORED LINK

Pocket

tkb_backnumber.gif

■ 今日の一言『女神』

50歳で名人位を手に入れた棋士の米長氏は自分がなぜ勝てたかを次のように述べている。

自分に勝利の女神が微笑んだから私は勝てた。

運は確実に存在する。

そしてそれはまったく気まぐれなものではなくて、ある一定の条件を満たした人に訪れるものだと思う。

その勝利の女神の判断基準は二つだけである。

一つはその人が謙虚であるかどうかだ。

常に自分が正しい、と思っていては運は舞い降りない。

相手の言うことにも一理ある、そこから何が学べるだろうか、と考える人に勝利の女神は微笑むのだ。

もう一つはそこに笑いがあるかどうかだ。

どんなに正しいことをしていても、そこに笑いがない限り、どこかで破綻するものなのだ。

なにか問題が起きたときはこの二つの判断基準を思い浮かべてみよう。

■ 企画

仲の良い友人と数人で行う。

  1. メールの署名に次のように書く。
  2. 「勝利の女神を引き寄せる方法を見つけました。その二つの方法をお知りになりたい方は是非ご連絡を」
  3. 問い合わせがあった人には上記の話をしてあげる。
  4. 2週間後にまた友人と会い、経過報告をする。

■ 一言の出典

運を育てる―肝心なのは負けたあと (ノン・ポシェット)

» 運を育てる―肝心なのは負けたあと (ノン・ポシェット)

■ その他の東京ブック

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.