iPhoneがハックされると、どんなデータが盗まれる可能性があるか?

SPONSORED LINK

Pocket

iphone.gif

Life is beautifulの「iPhoneのJailbreakの危険性に関してひと言」でも注意が呼びかけられていましたが、iPhoneがハックされるといろいろデータが流出しちゃうようですよ・・・。具体的にどういうデータが盗まれる可能性があるかがまとまっている記事がありました。せっかくなので紹介してみます。

  • キーボード入力
  • キーボードキャッシュに残ったものも復元可能なのだとか。入力したIDやパスワードも・・・。

  • 削除した写真
  • 撮影した写真、ウェブで見た写真も、削除したものを復活可能らしいです。

  • 削除したアドレス帳
  • こちらも復活可能ですと。

  • 発信履歴
  • 表示される発信履歴には件数制限がありますが、データとしてはもっとたくさんの履歴が残っているそうです。たとえ削除したとしても復活可能なのだとか。

  • 位置情報
  • マップを使ってどこで何を調べたか、もわかっちゃうらしいです。

  • 削除したメール
  • これも同様。

  • 削除したボイスメール
  • こちらもデータとして残っているので復活可能らしい。

WindowsもOSから削除したからといってデータが消えるわけではないですからね・・・データを完全に削除するアプリなどが必要なのかもしれません。iPhoneのように生活に密着したものだと特に。気をつけたいものです。

» Personal secrets your iPhone could reveal – Short Sharp Science – New Scientist

なお、この記事の元になった本がこちら。iPhoneの危険性をまとめた「iPhone Forensics」なる本ですね・・・おそろしや。

Iphone Forensics: Recovering Evidence, Personal Data, and Corporate Assets

» Iphone Forensics: Recovering Evidence, Personal Data, and Corporate Assets

■ 関連記事

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. 脱獄の危険性で炎上してる

    ここ数日、脱獄の危険性について、あちこちのブログで書かれている。
    「Life is beautiful: iPhoneのJailbreakの危険性に関して…