TechCrunchが推奨する、成功する製品デモの10か条

SPONSORED LINK

Pocket

tc50.gif

TechCrunchが開催しているTechCrunch50が盛り上がっていますが、ちょっと前の記事で「How To Demo Your Startup」がありました。製品デモをするときはこういうことに気をつけましょうね、という10か条です。なーるほど、と思うところが多かったので紹介してみます。

では早速。

  1. 最初の60秒で製品を見せること!
  2. 市場分析とか哲学とかはどうでもいいので、最初の60秒で製品を見せることが大事。そうでないと聞いている方は飽きてしまいます。まず最初に製品をみせ、どういったユーザーエクスペリエンスを提供するのかを見せ付けましょう。

    見せる製品がない人は論外です。出直しましょう。

  3. デモは5分以内に収めること
  4. すばらしい製品であるほど、デモは短くなるはずです。細々とした工夫や追加機能はどうでもいいので、何がすごいのかを一言で表せるようにしておきましょう。

  5. もっと知りたい!と思わせること
  6. デモの最後に「どうやって作ったの?」「運用はどうしているの?」「開発にどれだけかかったの?」といった質問が次々と出てくるようなら良いデモだったということです。

  7. 予定ではなくて実績を語ろう
  8. 弱いチームほど「次にこうします!」と語るものです。言うだけなら誰にでも出来ます。

  9. 業界の歴史と競合を知ろう
  10. 「それ、他にもあるじゃん」「え、あの会社知らないの?」と言われたらアウトです。その業界の競合状態、歴史をきちんと調べてからデモをしましょう。

  11. 回答は簡潔に
  12. 質問に関する回答はなるべく短く、自信をもって答えるようにしましょう(難しいですけどね)。

  13. 箇条書きのスライドはやめよう
  14. 箇条書きになっているスライドほど退屈なものはありません。グラフ、スクリーンショット、機能比較表などはOKです。

  15. 携帯でプレゼンするのはナンセンス
  16. たまに携帯で自社製品を紹介してくる人がいますがやめましょう。きちんと固定電話を使わないとうまく聞こえません。

  17. 答えがわからない質問をされたら?
  18. 質問に対する答えがわからなかったら、(a) まずはちょっと考えて、(b) わからないならわからないと正直に答え、(c) あとで回答しますと答えるか、(d) 可能ならばその人とその場でディスカッションしましょう。

  19. 日時はきちんと確認しましょう
  20. デモをする日時はきちんと前日なりに確認しましょう。15分前にはそこに着いているとさらに良いです(15分以上前についたら近くでコーヒーでも飲むと良いでしょう)。

以上、たくさんのデモを聞いてきたTechCrunchチームらしい意見ですね。個人的には「最初の60秒で製品を見せること」「予定ではなく実績を語ろう」にぐっと来ました。

いつものように超訳したのでもっと詳しく知りたい方は原文をご覧ください。

» How To Demo Your Startup

■ 関連記事

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.