【東京ブック】 あがりの克服方法

SPONSORED LINK

Pocket

tkb_backnumber.gif

■ 今日の一言『あがりを克服』

スピーチなどであがりを克服するいい方法がある。

それは懐に大金を忍ばせておくことである。

これは幕末に勝海舟が実践していたと言われている。

大金を持っていれば心に余裕がうまれ、落ちついた態度でいることができる。

ここぞ、というスピーチをする前には銀行に寄ってみるといいだろう。

この手法がいいのは大金を持つだけであって、大金を使うというわけではないところだ。

一度試してみるのも悪くないだろう。

■ 企画『大金小話』

ここぞ、というスピーチの時に行う。

  1. スピーチの最初の小話として次のように始める。
  2. 「みなさんはスピーチであがりそうなとき、どうしていますか?
  3. 私もあがりやすいほうなのですが、先日東京ブックというサイトでいいアイデアを紹介していました(←必ず東京ブックを紹介しよう!)・・・」
  4. そうして冒頭のエピソードを語り、ゆったりとした気持ちでスピーチを続ける。
  5. スピーチのあとに酔いすぎて大金を落とさないように気をつける。

■ 一言の出典

頭のいい人だけが知っている「ちょっとした成功習慣」―できるビジネスマン魔法のテクニック

» 頭のいい人だけが知っている「ちょっとした成功習慣」―できるビジネスマン魔法のテクニック

■ その他の東京ブック

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

    • 朝倉
    • September 22nd, 2008

    あがる人というのは、その場の空気が読める人らしいですよ。

    • Anonymous
    • September 27th, 2008

    ※1のおかげで気持ちが少し軽くなったw

  1. No trackbacks yet.