【東京ブック】 気まずさと交渉力の関係

SPONSORED LINK

Pocket

tkb_backnumber.gif

■ 今日の一言『三割』

気まずさや気恥ずかしさを感じた人間はその直後になぜかこちらの言うことを聞く。

パワーロジックの著者で心理学者の内藤氏はそう語る。

これは人の心理法則である。

マイナスの感情を抱くとそれを元に戻したいという力が働くからだろう。

そう考えると、何かのお願いをするときはそうしたタイミングを見計らったほうがいいのかもしれない。

相手の隙をつくようではあるが、どうしてもこれだけは!というお願いごとをしたいときはある。

そのお願い事をかなえてくれる確度をあげてくれることは検討してみてもいい(人間関係が壊れない程度に)

■ 企画『気まず点』

飲み会に参加する。

  1. その場でどの人が今一番気まずいかを常に意識しておく。
  2. こりゃ、気まずいでしょ、というタイミングがきたらその人に「ねぇ、ビール頼んでくれない」と言ってみる。

■ 一言の出典

パワーロジック―論理の鎖で相手をつかむ無敵の説得術

» パワーロジック―論理の鎖で相手をつかむ無敵の説得術

■ その他の東京ブック

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.