効果的な404ページを自動生成してくれるGoogleの『Custom 404 pages』

SPONSORED LINK

Pocket

ページが見つからなかった場合に出てくる404ページですが、カスタマイズするのが面倒だったりしますよね。そこで登場したのがGoogleの「Custom 404 pages」。

なんとコードを貼り付けるだけで、自動的に「関連するページはこちらかも☆?」とか「サイト内検索はこちら」といった機能を提供してくれます。ちょっとしたことですが、訪問者に優しい仕掛けですね。

404_0.gif

↑ 検索ボックスにはあらかじめ最適っぽいキーワードまで入れてくれるらしい。

この機能、Googleウェブマスターツールのかなり奥まったところにあるので辿りつき方を簡単にご紹介。

  1. まずはウェブマスターツールへ
  2. 404_1.gif

    » Google ウェブマスター ツール – マイレポート

    次に設置したサイトを選択します。サイトが設定されていない場合は追加しましょう。

  3. 運用ツールから「拡張された404ページ」へ
  4. 404_2.gif

    ↑ メニュー的にはこちら。

  5. コードを設置
  6. あとはそこにあるコードを404ページに貼り付けるだけです。

    404_3.gif

    ↑ こんな感じですね。

    CSSに詳しい人には外観のカスタマイズ方法が紹介されています。あわせて読んでおくといいですね。

    なお、404ページは.htaccessファイルを作って次の一行を追加すればOKですよ。

    ErrorDocument 404 PATH-TO-404-PAGE
    

実はこのブログもまだ404ページを設置できていないですね・・・いけません。このツールを使ってやってみますかね。よろしければお試しください。

あ、そもそもLifehackerで見つけた技でした。こちらもあわせて紹介しておきます。

» Web Publishing: Google 404 Pages Help Your Web Visitors Find the Right Page

■ 関連記事

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK