新しいネットサービスの招待状を有名ブログに与えるという手法

SPONSORED LINK

Pocket

invite.gif

ちょっと独り言エントリー。昔から書きたかったので。

TechcrunchやMashableでよくされている手法ですが、そういえば日本であまり見ないなぁ、と思ったのでメモ書き程度にその効果なんかをまとめてみる。

新しくネットサービスをつくったときによくプレスリリースをブロガー向けにうちますが、それと同時に読者向けの招待状を送ってもいいかもね、というお話。

Mashableなんかをみているとよく見る、「まだ公開されていないこのサービスに読者500名を特別招待!」とかってやつですね。

そもそも招待制のサービスって流行らないんじゃね?とかって話はありつつも、これ、なかなかうまいのでは、と思っています。

  • 複数のブログに個別のコードを与えることにより、どのブログの読者層がそのサービスにあっているかがわかる(=そのあとのリリースもどこに出せばいいのかわかる)。
  • 招待状を与えるブログを選別することにより、ある程度初期ユーザーの属性をコントロールすることができる。
  • 招待制の時に必要な、ある程度まとまった数のテストユーザーを手に入れることができる。
  • 読者向けのプレゼントを用意してあげられるので、ブロガーにとってうれしい。その結果、ブロガーと友好的な関係を築くことができる。

まぁ、もちろんそのネットサービスが良いものであることが絶対条件ですが(良くなかったらむしろ逆効果)、ある程度話題になりそうなものだったらこうした手法に挑戦してみるのも悪くないですね・・・と思ったり、思わなかったり、ラ(ry

■ 関連記事

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.