【東京ブック】 単語よりも覚えるべきは・・・?

SPONSORED LINK

Pocket

tkb_backnumber.gif

■ 今日の一言『単語よりも・・・』

英単語よりも人の名前を覚えよう!

国際トラブルシューターの近藤氏はそう語る。

以前近藤氏は、日本の国会議員が米国大統領アイク・アイゼンハワーへ表敬訪問するときにつきそったことがある。

そのときアイク大統領は日本の議員40名の名前を正確に覚えていて、一人一人に明るい声で挨拶をしたのだ。

ただでさえ覚えにくい日本の名前を完璧に・・・一同は大感激だったそうだ。

流暢な英語をしゃべるために英単語を覚えるよりは、名前を一生懸命覚えた方が人に感動を与えることが出来るのだ。

■ 企画『ネームリピーター』

仲の良い友人と数人で行う。

  1. 異業種交流などのパーティーに行く。
  2. その場で出会った人と挨拶するとき、名前を聞いたら、その後3分間の間に5回その人の名前を繰り返し使ってみる。
  3. パーティ‐のあとにお互いに感想を述べる。

■ 一言の出典

デカい態度で渡り合え!―世界中で通用する人間関係10のルール

» デカい態度で渡り合え!―世界中で通用する人間関係10のルール

■ その他の東京ブック

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

    • kenjiro
    • August 7th, 2008

    確か野口悠紀雄の本に似たようなエピソードが二つ載っていました。

    まず、田中角栄。野口氏が大蔵省に入省したとき、田中角栄は新人の名前をすべて覚えていて、一人一人に「xx君、期待しているよ、頑張ってくれたまえ」と声をかけたそうな。

    次に岸信介。彼は初対面の人には「あなたの名前はなんだったかな」「xxです」「xxは分かっている。下の名前だよ」(ホントは上の名前も知らない) という遣り取りをしていたようです。

  1. No trackbacks yet.