【東京ブック】 禅を教わるには?

SPONSORED LINK

Pocket

tkb_backnumber.gif

■ 今日の一言『禅の教え』

ある大学教授が禅僧に教えを請いにいった。

禅僧が教授にお茶をすすめた。

湯飲みにお茶を注ぐが、湯のみが一杯になっても禅僧はお茶を注ぎ続けた。

教授が驚いて言った。

「もういっぱいです。それ以上は入りません!」

禅僧は答えた。

「この湯のみと同じようにあなたの頭の中には自分の意見や考え方があふれかえっている」

「それらをまず空にしないかぎり、どうやって禅を教えることができるだろうか」

■ 企画『空っぽ』

仲のよい友人と二人で行う。

  1. 二人で書店に行く。
  2. いままでまったく興味がなかった分野の本をお互いに一冊づつ買う。
  3. カフェに行って一時間程度読んでみる。
  4. 読み終わったあとにそれぞれどんなことを学んだか相手に教えてみる。

■ 一言の出典

アイデアのヒント

» アイデアのヒント

■ その他の東京ブック

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.