Gmailの検索オプションまとめ

SPONSORED LINK

Pocket

gmail.gif

いつかどこかでまとめたような気もしないでもないですが、Gmailのメールもたまりまくってきたので検索オプションなぞをまとめてみます。大量のメールからさっと探せないと業務に支障も出てきちゃいますよね。

ちなみにインスパイアされた記事は「Official Gmail Blog: How to find any email with Gmail search」なる記事。これに加えて自分でも良く使っているものをあげてみました。

では早速。

  • 特定のラベルから検索
  • 「lable:」、もしくは「l:」、でいけますね。「l:spam」とかすれば迷惑メールだけから検索してくれます。「l:sent」も良く使います(自分が送ったメールから検索)。

  • 件名、差出人とかから検索
  • 「subject:」「to:」「from:」などで直感的に検索できますね。「cc:」「bcc:」もOKです。

  • チャット履歴から検索
  • 「is:chat」でOKです。

  • 特定の検索語を除外
  • これは普通の検索と一緒で「-xxx」ですね。「abc -def」だと「abcは含むけどdefがないもの」を検索します。

  • 特定の日付から検索
  • 「after:2008/1/1 before:2008/5/1」なんかでOKです。

  • 添付ファイル付きメールだけを検索
  • 「has:attachment」でOKです。拡張子をつければエクセルだけから検索、もOKです。「has:attachment xls」など。もしくは直接、「filename:readme.txt」でも大丈夫です。

  • スター付きのものだけ探す
  • 「is:starred」でOKです。

  • 未読のものだけ探す
  • 「is:unread」が未読、「is:read」だと既読で検索できます。

これらの条件を組み合わせればかなり複雑な検索でも大丈夫ですよ。例えば以下のような検索だと、「今年自分に送られてきたメールで、エクセルファイルが添付されていて既読のものだけ検索」といったことができちゃいます。

has:attachment xls to:me is:read after:2008/01/01

業務でGmailを使っている人もそろそろ多くなってきたのかな・・・新人さんにも教えてあげるといいですね。もっと詳しく知りたい方はGmailの公式ヘルプを見てもいいですね。こちらもあわせてどうぞ。

» Help Center – Using advanced search

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. Gmailのまとめ

    Gmailの検索オプションまとめ 未読のものだけ探す 「is:unread」が未読、「is:read」だと既読で検索できます。 こんな機能があったんです…

  2. Gmailの検索オプションや定型文を簡単に取り出せるGreasemonkeyスクリプトを作ってみた

    最近ハマっている jQuery を使って、Gmail の検索オプションや定型文を簡単に取り出せる機能を追加する Greasemonkey のユーザースク…

  1. No trackbacks yet.