【東京ブック】 スケジューリングのコツとは?

SPONSORED LINK

Pocket

tkb_backnumber.gif

■ 今日の一言『スケジューリングで把握すべきもの』

例えばあなたが入学試験を受けているとしよう。

腕時計を見る。

残り時間でどういう時間配分でどの問題を解いていくかを判断する。

こうした場面でのスケジューリングは瞬時に出来る。

しかしこれが仕事のプロジェクトだったら別だ。

急にスケジューリングが難しくなる。

これは全体の持ち時間が見えにくいからである。

試験中の腕時計のように、一目で自分の持ち時間が理解できなくてはスケジューリングができない。

あなたが持っている時間を一目で把握するためには、今のままの手帳では無理があるのかもしれないですね。

■ 企画『納得言葉』

仲の良い友人と数人で行う。

  1. A4の紙を出す。横にしてみる。
  2. 左から右まで線をひく。
  3. 今自分が携わっているプロジェクトの期間をA4の端から端までとし、現在どこにいるか確認する。
  4. それを毎朝確認する。

■ 一言の出典

「超」整理法〈3〉 (中公新書)

» 「超」整理法〈3〉 (中公新書)

■ その他の東京ブック

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.