ちょっと覚えておくといいかもしれないお金の計算方法を2つほど

SPONSORED LINK

Pocket

money.jpg

ずっと書こうと思っていたのですが、今日の経済ニュースを見てびびったので勢いで書いてみます。「2 cool tricks to use: Your hourly rate and The Rule of 72」なる記事です。知っている人は知っているかと思いますが、覚えておくといいので。個人的にもよく使っています。

では早速。

  • 年収と時給を相互に変換する方法
  • まぁ、目安程度でかっちり正確ではないのですが、年収から時給を計算する方法、もしくはその逆をする方法です。やり方は簡単です。

    • 年収を計算するには時給を倍にして1000をかけるだけです。例えば時給1,000円だったら1,000×2×1,000なので200万円になります。
    • 逆に時給を計算する方法。年収を2で割って1000で割ります。年収500万円だったら2,500円ですね。

    要は労働時間が2,000時間(1週間に40時間で50週間)という仮定に基づいているわけですが、目安として知っておくと良さそうですね。労働時間とか税金とかいろいろあるんで、そこから議論ははじまるでしょうが。

  • あなたのお金が複利で倍になるまでの年数
  • これは72の法則として有名かな。「72/(利率)=お金が倍になるまでの年数」ですね。たとえば10%のリターンなら72/10でだいたい7年かかるというわけ。もちょっと現実的になって(という現実が崩れつつある昨今・・・)3%ぐらいだったら24年かかる、という具合です。

そろそろお金の話をしなくちゃいけない時代になってきたようなので知っておくと便利そうですね・・・。なお、いつものように超訳したので詳しくは原文をどうぞ。

» I Will Teach You To Be Rich » 2 cool tricks to use: Your hourly rate and The Rule of 72

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

    • 村さん
    • March 22nd, 2008

    学生時代の時給とそれほどの差が無かったことに驚きました。。。

  1. No trackbacks yet.