『100年後に何が起こっているか?』が書かれた1900年の雑誌記事

SPONSORED LINK

Pocket

100_top.gif

1900年に書かれた雑誌記事が公開されていました。タイトルは「What may happen in the next hundred years(100年後に何が起こっているか?)」。今、2008年なのでその内容を検証してみましょう。100年前にはどんな予想が立てられていたのでしょうね・・・。

ざっと見てみましたが、トンデモ予想も多いですねw。以下、いくつかぐっと来たものをご紹介。

  • アメリカの人口は5億人
  • 100年後にはアメリカの人口は3.5億人から5億人になっているのではないか、という予想。これは外れていますね。日本のだいたい倍ですから2億強ですな。

  • C、X、Qがなくなっている?
  • なんというトンデモ予想w。必要ないからアルファベットからC、X、Qがなくなっているという予想。もちろんなくなっていません。

  • 写真の転送が可能に!
  • フルカラーの写真が電波で転送可能に、という予想。これは当たっていますね。しかし予想している文章がちょっと怖い(「中国と戦争が起きた場合、その写真が1時間後には新聞に載っている」って・・・)。

  • 電話が無線に!
  • 無線で通話が可能に、という予想。これは普通に実現されていますね。ケータイ便利だぁ。

  • 大学教育が無料に!
  • この予想は外れていますね・・・将来そうなるのだろうか。ネットで実現されるのかな。

  • クルマが馬より安く!
  • 時代を感じさせる予想ですね・・・昔の馬っていくらだったんだろう。でもまぁ、クルマは普及しているので当たっているのかな。

  • 英国まで二日で!
  • 二日どころか数時間でいけるようになりました。

こうやって100年前の予想を検証するのも楽しいですが、今から100年後を予想するのも楽しそうですね。自分だったらどんな予想するかな・・・。

原文にはまだまだ予想がありますよ。よろしければどうぞ。

» Ladies+Home+Journal+Dec+1900+paleofuture+paleo-future.jpg (image)

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. >>大学教育が無料に!

    これは一部当たっているのでは無いですか?

    例えば、MITは無料で視聴できる講義を公開しているわけですし...

  2. 「大学教育が無料に!」はあながち間違ってはいないようです。
    一部のお金持ちな大学ではそのような流れになっているようです。

  3. こんにちわ。

    大変面白いお話なのですが、一つだけ、ご指摘させていただきます。
    アメリカの人口は3億を超えています。
    http://www.census.gov/main/www/popclock.html

    日本のだいたい倍というのは、今の20~30代の人が勉強した頃の話だと思います。
    ご存知の通り、日本は少子化で人口増加率が鈍化しましたが、アメリカは特にヒスパニック系の移民が人口増加に寄与していると言われています。

    • Anonymous
    • March 3rd, 2008

    >日本のだいたい倍ですから2億強ですな。
    これは・・・???

    去年3億人超え、2000年時点でも2億9000万程度かと。

    • 権兵衛
    • July 5th, 2009

    >大学教育が無料に!

    これは、日本では実現していませんが、
    既に多くの先進国で現実となっています。

  1. No trackbacks yet.