【東京ブック】 流行の裏には共感がある

SPONSORED LINK

Pocket

tkb_backnumber.gif

なんかHDDを整理していたら東京ブックのバックナンバー出てきました。気が向いたから転載してみます。

ちなみに東京ブックとは以前1年ぐらいやっていた携帯向け書評サイトです。書籍の気になる一言を紹介していく、というものですね。懐かしい。

■ 今日の一言『共感』

『流行の裏には「共感」がある。皆が同じように思わないと流行にはならない』

ベストセラー商品の裏側には共感がある。

たまごっちの裏にあったのは「何かを育てたい!」「しかもいつもそれを携帯していたい」という気持ちだろう。

その気持ちは他の人の共感を呼んだ。「俺も、私も!」というわけだ。

商品からこうした共感が読み解ければ新しい製品や商品が思いつくのだろう。

共感を読み解くトレーニングをやってみるといいのかも。

■ 企画『共感探し』

  1. 数人で行う。
  2. ヒット商品番付をインターネットで検索して印刷しよう。
  3. それらを見ながら、この商品の裏にどんな共感があったか、それぞれが考えて紙に書いてみる。
  4. 全部終わったらそれらを見合わせながら、次にどんな製品やサービスが流行るか考えてみよう。

■ 一言の出典

「感性の扉」をひらく秘密の法則

» 「感性の扉」をひらく秘密の法則

■ その他の東京ブック

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.