CakePHPでSNSっぽいものをつくって挫折するまでのコーディング日記(#001)

SPONSORED LINK

Pocket

前回に続き、作業に入ります。

まずは下準備。

■ 下準備

カフェでコーディングしたいのでまずはローカル開発環境をセットアップ。VMWare上のCentOS4にVirtualHostを設定します。Apacheを再起動。

なんとなくドメインはcodexcode.comで。ローカルのhostsも設定完了。

今回作業するのは、/home/webadmin/codexcode.com/public_htmlです。

■ インストール

では何はともあれインストール。CakePHPのサイトからStable版をダウンロードしてCopy。Sambaの設定がしてあるから楽々。途中で寄付するか聞かれますが今はスルー。最後までできたら$100寄付してやるぜ!

とりあえず何したらいいかわからないので次にドキュメントをあたります。

■ 下調べ

とりあえず青い人が紹介していた記事を当たってみます。

» 第1回 CakePHPを使いたくなる5つの特徴|gihyo.jp

・・・読んだ。ActiveRecordとか何いってるかわかんない。あとぶっちゃけ、モデル、ビュー、コントローラーのビューしかわかんない。

とりあえずチュートリアルを読めばよさげな気がするので次に行きます。

» 付録 A. Cake ブログチュートリアル

・・・読みはじめた。変な翻訳が逆に好感度高し。解凍後の処理が書いてあったので一緒にやってみる。

まずは解凍。

/home/webadmin/public_html
    /app
    /cake
    /vendors
    .htaccess
    index.php
    VERSION.txt

になりました。とりあえず http://www.codexcode.com/ にアクセス(ローカルに設定しているのであなたからは見えません)。

cake_001_1.gif

おー、なんかできている。とりあえずPHPは動作しているっぽい。

・・・付録B、Cと読み進めます。Viewのファイル名が.thtmlなのがちょっと気持ち悪い。なんで「.thtml」なんだ?

それから期待していたモデルとコントローラーの違いがわかったような、わからないような・・・やっているうちにわかるだろ、ということで次に行きます。

そしてヘルパーとコンポーネントが出てきた。わからん。まぁ、いいや。今のところ。

たぶんこのあとはリファレンスを読めばいいのでしょうが、面倒だからとばしますw。

チュートリアルではブログシステムを認証付でやっていたのでまぁ、ブログもSNSの日記も同じだろうということでチュートリアルを見ながら作り始めてみます。

キリがいいので記事を分けます。

» CakePHP修行! アーカイブ | i d e a * i d e a

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. April 3rd, 2009
  2. May 18th, 2010