デザイン・ポリシーに関して参考にしている名言いくつか

SPONSORED LINK

Pocket

ちょっとタイミングを逃した感ありますが、かまわずにエントリー。

Life is beautifulの「ユーザー・インターフェイスの設計に大切なのはデザイン・ポリシー」を読んでいて賛同するとともに、もちょっと違う角度から書いてみたいと思った。

ちなみに中島さんの英語のブログにはデザインについてもちょっと詳しく書いてありますね(↓)。こっち先読んだ。

» Life is Beautiful: Feature creep and user experience

さて、デザインとか機能とかについて。

だらだら書くのもアレなので、自分が何かを(ユーザー・エクスペリエンス、か)デザインするときによく頭に浮かぶ言葉をあげてみます。

  • “Less is More is BS”(37signals)
  • シンプルなツールをいろいろ出している、おなじみ37signalsのブログから。”Less is More”じゃない、”Less is better”、という主張。I agree。

    » “Less is More” is Bullshit – Signal vs. Noise (by 37signals)

  • “Simplicity is about subtracting the obvious and adding the meaningful”(John Maeda)
  • “The Laws of Simplicity”なる本を出している前田さんの言。シンプルは全部省く、ということではない、という意味でAgree。

    » The Laws of Simplicity » Blog Archive » Law 10: The One

  • “Treat cute, clever, and cool as spices”(37signals)
  • 上の前田さんの言ではmeaningfulを足せ、といっていますが「じゃ、なに?」というときにちょっと思い浮かぶのがこの言葉。「デザインにスパイスを与える3C」と覚えるのもいいかも。こういう感情に訴えかけてくるものは重要すよね。

    » Treat cute, clever, and cool as spices – (37signals)

  • “the more you try to compete, the less competitve you actually are.”(Creating Passionate Users)
  • 大好きなブログのCreating Passionate Usersから。僕の中では”More features = less competitive”に脳内変換されています。

    » Creating Passionate Users: Ignore the competition

  • “最大の機能改善は機能削減っすよ”Sidefeedの赤松さん)
  • 合宿で赤松さんがよく言っています。せっかく作った機能がこの一言でどれだけお蔵入りになったか・・・(泣)。でも結果的に正しいです、とても。

何が正しいかは自分が設定した目標とそれに対するユーザーの反応で決まるのだろうけれど、僕が試している範囲ではこうしたポリシーが今はうまくいっているようです。ご参考までに・・・(異論・反論もあるでしょうが)。

ときに、こうした名言は記憶に残るからいいですよね。当たり前っぽいことでも言い方一つで記憶への残り方が違います。極めたいな、こういう能力。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.