恩師の教え:「Thank youカードは箱で買え」

SPONSORED LINK

Pocket

恩師の教えシリーズ第二弾(第一弾は「Name Dropperにはなるな」)。

学生時代に言われていまでも実践しているのが、恩師の「Thank youカードは箱で買え」というもの。

よく「お礼状はメールじゃなくて、手紙の方がいい」と言われますが、それは間違いないですよね。自分でもらってもうれしいですし。

ただ、いざ何かあったときに手紙を書くのは結構面倒です。そこで心がけているのは「面倒な作業は事前準備をすることで面倒じゃなくする」こと。

今回の恩師の教えもそうです。

Thank youカードは「必要なときに買いに行く」ではなくて、「年初にまとめて買って家に置いておく」を実践しましょう。

というわけで今年もThank youカードを箱で買ってきました。調子にのって誕生日おめでとうカードも今年から買ってみます。

thankscardshacks.jpg

↑ 年配の方に送ることが多いのでシックな感じのものを購入してます。

なお、恩師いわく「書くときは一言『ありがとうございました』でもいい。とにかくすぐ出せ」とのこと。この「一言でもいい」には結構元気づけられたりしています(個人的に)。

なお、それまでやっても結構面倒なのが宛名書き。

それについては事前にお礼をいいそうな人の住所をあらかじめ印刷しておくか、字のうまい同僚にジュース一本で頼んだりしてみるのはいかがでしょう。そこらへんは個々人で工夫してみてください。

どちらにしろ「やらなくちゃいけないけど面倒なものは事前に準備をしておく」がとっても有効です。よろしければお試しください。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. ボトルネックは切手

    「Thank youカードは箱で買え」より。そこで心がけているのは「面倒な作業は

    • ヤマナカ
    • July 15th, 2007

    いつも楽しみに拝見しています。
    過去ログをざーっと読ませていただいていたところ、このエントリに出会いました。
    THANK YOU Note、もらうと嬉しいですがなかなか出す立場になると続かないですね。最近では洋服屋などからはよく来ます。
    ところで、写真にCRANE&COのカードが写っていますが、東京都23区内やその近辺で売っているお店をご存じないでしょうか。または国内で通信販売できるお店などご存じありませんでしょうか。
    (質問になってしまって申し訳ありません。)

  1. No trackbacks yet.