ドットインストールの『ローカル開発環境の構築 [Windows編] (全14回)』を再収録しました #dotinstall

今週はローカル開発環境のWindows板を再収録しました。今回はWindows 10にしたり、コマンドプロンプトをPowerShellにしてみたりしました。 ↑ 図で説明した方がいいところはこんな感じで。 ↑ ファイル転送ツールの使い方なども。 しかしWindowsの設定に手間取って間に合わないかと思いました…。というわけで詳細は以下からどうぞ。 » ローカル開発環境の構築 [Windows編] (全14回) – プログラミングならドットインストール

今週読んだ本『最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常』

藝大のおもしろエピソード満載で噂通り楽しかったです。頭おかしいだろ(いい意味で)。 惜しむらくはこれを読んだのが今週だったこと。すでに藝大の学祭は終わっていました・・・。しょうがないので来年の8月1日のカレンダーに「藝大の学祭について調べる」というタスクを入れましたよ笑。 「最近、アイデアが浮かばなくて・・・」という人におすすめではないですかね。ぶっとんだ発想を欲している人に是非。 最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常 二宮 敦人 新潮社 来週は何を読もうかなー。

ドットインストールに『ローカル開発環境の構築 [macOS編] (全14回)』を追加しました #dotinstall

今週は『ローカル開発環境の構築 [macOS編] (全14回)』をドットインストールに追加しました。旧作でははしょっていた「ターミナルの設定」「学習のやり方」についても触れています。 ↑ VirtualBoxとVagrantの関係についても図で説明していきます。 ↑ 他のレッスンで行っているような学習の流れについても見ていきます。 Windows版も同時リリースしたかったのですが間に合わず…来週なんとかします。それが終わったらまたいろいろ追加していきたいところです。というわけで詳細は以下からどうぞ。 » ローカル開発環境の構築 [macOS編] (全14回) – プログラミングならドットインストール

今週読んだ本というか漫画『岳』

「岳はいいですよぉ」という友人のおすすめにより一気に読了。最初はふんふんと読んでいたのですが主人公のキャラとあいまって最後は引き込まれるように…。そして最後については賛否両論ですよね、わかります。 どちらにしろ「山、容赦ないなー」という現実から日々の幸せを大事にしなくては、という当たり前の結論になるのですが、それでも良かったです。読んで良かった。三歩、よく頑張りました。 また身体を鍛えたくなりましたね・・・。 岳 コミック 全18巻完結セット (ビッグ コミックス) 石塚 真一 小学館 さて来週は何を読むべきか。

今週読んだ本『TED TALKS スーパープレゼンを学ぶTED公式ガイド』

まずは献本御礼。TEDトークのノウハウを主催者自らがまとめた本ですね。 ネタの考え方からスピーチの組み立て方まで、さすがのぐらい例の豊富さで、すごく実用的だな、と思いました。スピーチのはじめ方とか終わり方とか悩みますよね…。 よくスピーチやプレゼンをする人なら手元に置いておいてもいいかと思いますよ。 TED TALKS スーパープレゼンを学ぶTED公式ガイド クリス・アンダーソン,関 美和 日経BP社 さて来週は何を読むかな。

ドットインストールのプレミアム会員向けに質問機能を公開しました #dotinstall

試験運用中ではありますが、レッスンに関する「質問機能」と、「よくある質問」の閲覧機能をプレミアム会員向けにリリースしました。 ↑ 動画下の「よくある質問」タブから利用可能です。 ↑ わからないことがあれば質問をすることができます。 ↑ レッスンごとによく聞かれる質問は一問一答形式でまとめられていきます。 最近はちょこちょこと勉強会をしていて質問も受けていたのですが「あ、そういうところがわからないのね…」という発見も多々あり、レッスン内容の理解をさらに深めていただくためにこの機能を開発してみました。 なお質問が解決するまでは弊社スタッフとマンツーマン掲示板でやりとりをしていただきます。そのあと他の人にとっても有用な内容であった場合は適宜編集して「よくある質問」としてリリースしていきます。 運営体制や提供の形態などまだまだ未定の部分も多いので予告なく終了する場合もありますが、よろしければご利用いただければと思います。 » ドットインストール – 3分動画でマスターする初心者向けプログラミング学習サイト

ドットインストールに『C#入門 (全36回)』を追加しました #dotinstall

な、長かった…。しばらくずっと勉強していたのですが、ようやく『C#入門 (全36回)』を収録しました。 マイクロソフトが開発しているプログラミング言語で、Windowアプリや、最近だとUnityにも使われていますね。 ↑ 今回はオープンソース版のMonoで学習を進めていきます。 ↑ プロパティの仕組みなどについても説明していきます。 基本的な文法からdelegateやLINQまでカバーしてみました。中上級者向けの内容かと思いますのでプレミアム動画になっていますが、最初の5回はサンプルとして無料公開中なので是非どうぞ。 詳細は以下からご確認ください。さて次にいかねば…。 » C#入門 (全36回) – プログラミングならドットインストール

今週読んだ本『死にたい老人』

勢いで購入して読んでみたけどすごい奇書ですな・・・。 本書は83歳で自死を決意、絶食によってそれを試みる、というストーリーです(実話)。ただし絶食以外の死因はいやなようで、持病のクスリは飲み続けたり、胃潰瘍を心配してクスリを飲む前になんか食べちゃったり、となんとも人間味あふれる展開です。 結末はたぶん想像したとおりなのですが、83歳になったときの視座がリアルでした、とても。高齢化社会の現実を垣間見たというか。これからの日本が気になりますな・・・。 死にたい老人 (幻冬舎新書) 木谷 恭介 幻冬舎 来週は何を読むべきか。

今週読んだ本『コンビニ人間』

気になっていたのでKindleで購入。一気に読みました。 コンビニという特殊な空間と、あまりにも合理的すぎる主人公があいまって実に良い空気感です。 抽象化された表現と、あまりにも具体的な表現のギャップが小説に奥行きを持たせている感じ・・・かな。 一言で言うと「おもしろかった」なのですが、そのおもしろさを説明しようとするとうにゃむにゃしてしまいますな…。 コンビニ人間 村田 沙耶香 文藝春秋 さて来週は何を読もうかな、と。

今週読んだ本『治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ』

2度のガンに挑んで打ち克った高山さんの本。気になっていたのでKindleで購入して一気読み。今のところ健康状態には問題ないのですが、いつどうなるかわからないし、1つのケーススタディとして、とても勉強になりました。とてもリアルです。 それにしても40歳、42歳で違うガンにかかり、(いろいろな幸運が重なったとしても)気力を保ちつつ、コツコツと医師と信頼関係を気づきながら着実に物事に対処していく著者の姿勢に感銘を受けました(大変だったと思いますが)。 前半は本人のリアルな闘病記、後半はガン(もしくは大病)になった場合に参考となる「情報戦の戦い方」が書かれています。今は健康であったとしても、こうした情報を摂取しておくのは大事かな、と思います。 治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ 高山 知朗 幻冬舎 さてさて来週は何を読もうかな、と。