『もしTwitterが80年代にあったら…』の映像が胸熱すぎるw

「もしTwitterが80年代にあったら…」の映像です。いろいろ仕掛けが細かくて胸熱ですが、わかる人が限られそうw。 ↑ 1分半の映像ですが、1分ぐらいで本編は終わります。 最後のオチはいらないので、もうちょっと見せて欲しかったなぁ、と思ったり。 » If Twitter Had Been Invented in the 1980s

あなたがフォローしている人がどこにいるか地図上にプロットしてくれる『Twitter Friend Map』

ちょっと試したらわりと面白かったので。Twitter連携して、自分がフォローしている人を地図上にプロットしてくれます。 「あ、そういえばこの人とこの人近くだよな」「え、そこにいたんだっけ?」といった小さな発見がありますよ。 ↑ 右下のこちらからTwitter認証を行います。 ↑ たとえばこんな感じ。 プロフィール欄の情報からGeocoding使ってほにゃららしているようなので、正確な住所じゃない情報を入れている人は適当にプロットされたりはしますね・・・。あと自分の環境だけかもしれませんが、たまにマウスカーソルが消えますね・・・。 ま、どちらにしろ興味のある方はどうぞ。 » Twitter Friend Map

Twitter Bootstrapが大幅バージョンアップ!して凄まじいことに・・・

【追記】 ドットインストールでTwitter Bootstrapの使い方動画を公開していますよ。よろしければどうぞ! 愛用しているTwitter Bootstrap、遂に「version 2」になりましたよ。今まで「version 1.4」だったのでメジャーバージョンアップ!です。これは見逃せない、というか、感動した! 個人的に「おぉ!」と感じたところをざっと紹介してみるよ!(※ コメントが手抜きっぽかったので追記しました汗)。 ■ レスポンシブデザインに対応! ↑ スマホ&タブレット時代にこれは大事。 ■ アイコン付きボタンが作れる! ↑ これがずっと欲しかった・・・。あとはボタンのサイズがもうちょっと柔軟だといいですよね。 ■ ボタングループが作れる! ↑ こちらも待望の!スマホなんかでも十分に実用的になってきましたね。ちなみにボタングループっぽいチェックボックスもつくれますよ(iPhoneでよく見る奴)。 ■ ドロップダウン付きボタンが作れる! ↑ 管理画面なんかで重宝しそう。 ■ プログレスバーが作れる! ↑ いたれりつくせりすぎる・・・。 ■ ナビゲーションリストが作れる! ↑ これもいまどきのサイトで良く見ますよね。すごい! ■ スライドショーっぽいやつ! ↑ jQueryのプラグインとか探さなくていいですね。 ■ Auto-complete!!!! ↑ こちらも検索のユーザビリティを高めるのに大事。 ■ モジュールをカスタマイズしてダウンロード可能だと・・・?! ↑ スクリプトを軽量化する際に使えるのでは、と。 HTML5を勉強するのもいいですが、もうなんつーか、これだけでいいような・・・。ドットインストールのレッスンも作り直したいぐらいの感動巨編ですよね・・・これ。すごいすごいすごいです。 詳しくは以下からどうぞ!ドットインストール本体もversion 2.0で作り直したいぞ、と。 » Bootstrap, from Twitter

フォローしている人のプロフィール情報が変わったら教えてくれる『grabio』が便利

友達がつくったっぽいサービスがなにげに便利。自分がフォローしている人のプロフィール情報が変わったら教えてくれます。 ↑ こちらでツイッター認証してメアドを登録するだけ。 ↑ 定期的にこういうメールがとんできます。打ち消し線とか下線とかでわかりやすいですね。 ツイッターは全部見きれないので、こういう情報があるとたまにその人に会ったときに会話しやすかったり、連絡してみようかな、と思いますよね。お手軽に使えるツールなのでいかがでしょ。 » Grabio – A Twitter Bio Update Notifier

Twitterのリニューアルに関して地味にすごいな、と思った4つのポイント

さて、Twitterがリニューアルして「まぁ、あんまり変わらないかな」と思っていたらそうでもなかったのでエントリー。細かい所でいくつか「おっ!」って感じのポイントがありますな。 以下、ざざっと。 ■ ツイートの埋め込みができるようになった 細かすぎてわかんねーよ、的な位置に「ツイートを埋め込む」機能がありましたよ・・・。 ↑ ツイート右上の「開く」をクリックするとこの画面に。ここで「詳細」をクリック。 ↑ 次にここね。 ↑ わりと作りこまれたこんなメニューが・・・深いよ、深すぎるよ、階層が・・・。 Twitterがリニューアル、新しいインターフェースが登場した模様 – bit.ly/vS6M4z via @taguchi — Gen Taguchi (@taguchi) 12月8, 2011 ↑ つうわけで埋め込んでみた・・・見えるかな。 ■ 埋め込めるボタンが増えた 素材ページで埋め込めるボタンが増えとります。 ↑ いろいろあるな。 @とか#を押し出していくつもりっぽいのでまぁ、確かにそうなりますね。 ■ アプリをダウンロードするとバージョンアップ ちょっとした時間差がありますが、この手法はおもしろいですな。「アプリをダウンロードしたらPC側の画面変わるよ」ということでアプリのダウンロードを促しています。 ↑ これは地味に新しい。 この発想は応用が効きそうです。フォローしたら新UIになるよ、なんてやりかたも可能っぽいですよね。 ■ ツイッターもブランドページ? Mashableによると、ツイッターもブランドページを展開しはじめた模様。 ↑ 例えばDELL。画像の配置とか最新ツイートが自動展開されるとかが普通のユーザーとは違うっぽい。 Google+もなんちゃらだし、こういうブランドページ系は激戦区になってきましたな。 最近なにやら雲行きが怪しそうだったTwitterにもこういう動きが出てきて嬉しい限り。「よーくみるとすごい」という仕込みは個人的に好きなので歓迎したいところです(でもまぁ、わかりにくいですけどね)。 というわけで、新バージョンがまだの人は以下からアプリダウンロードを試してみるといいかもですよ。 » Twitter:見つけよう

Twitterがリニューアル、新しいインターフェースが登場した模様

PCで見ることはほとんどないのであれですが、Twitterがリニューアルしたようですね(徐々にロールアウトという感じでしょうが)。映像のほうがわかりやすいかな。 ↑ 2分ほどの映像でどうぞ。 トップの「Home」「@connect」「#discover」というのはわかりやすいかも。 ↑ こんな感じです。左右逆転ですな。 まぁ、機能的に変化したわけではなくて、ざっと整理した感じですかね。そのうち慣れそうですな。 » Twitter:見つけよう

アナログ電話でツイートできる『Tweephone』

うむ、誰得な技術ですな・・・。無駄にソースコードも公開されている模様。 さてこの「Tweephone」を使えばアナログ電話でツイートが送れるようですよ。 ↑ だいたい想像はつくと思いますが。 ↑ 一応映像も。 まぁ、ダイヤルでアルファベット選んで、ってのが面倒きわまりないですが、アートとしては興味深いですな。 » Unteleported

企業のツイッターアカウントはどれぐらい効果的か?

まぁ、調査結果なのでいろいろ慎重になる必要がありますが、企業のツイッターアカウントの効果についての資料ですな。メモ的にエントリーしておきます。 10 Quick Facts You Should Know About Consumer Behavior on Twitter View more presentations from Constant Contact 「79%のユーザーが10以下の企業をフォロー」「企業アカウントをフォローしたユーザーの75%がフォローを外さない」などなど、社内の会議なんかで使えそうなデータがあってよろしいかと思いますよ。 » Following Brands on Twitter Increases Purchase Intent [STUDY]

Twitter謹製のCSSフレームワーク『Bootstrap』が大幅バージョンアップ中!

以前ご紹介したBootstrapですが、良い感じにマイナーバージョンアップを繰り返しているようです。地味にウォッチしていたのですが、本日、v1.3.0になってかなり使いやすくなったので再度ご紹介。 ■ JavaScriptライブラリも出来た! これが一番うれしいぞ! 以前はドキュメンテーションがいまいちで、完全に動作させるにはデモページのJavaScriptを解析して・・・なんてことが必要だったのですが、JSライブラリもがつんと拡充された模様です。 ↑ これらをIncludeすればすっきり実装できます。 ↑ Modalの実装例。こういうコード例やオプションなどがなかったのでかなり助かる! ■ 新しいスタイルも続々と! こういうの欲しいなぁ、と思っていたスタイルも続々と追加されています。 ↑ パンくずナビゲーションとか。 ↑ ボタンの種類も増えた。 ↑ こういうミニラベルも欲しかった! ↑ ダミー画像も公式サポート(ってほどでもないけど便利)。 ■ グリッドのカスタマイズまで・・・ さらにグリッドのカスタマイズまで出来ちゃうようです。940pxとかないわー、とかな人はがしがしいじっちゃってください。 ↑ かなり柔軟なレイアウトが可能になりましたな。 ■ コピペできるサンプルページが充実! いくつかのレイアウトに関してはちゃんとしたデモページができたようですね。ここらへんをコピペしてちゃちゃっと作っちゃうといいかもですよ。 ↑ まだ数は少ないけど勉強になります。 なんだかバージョンアップが意欲的すぎて個人的には嬉しい限り。このままいくとResponsive Designにも対応しそうな勢いですね!(それはないかw)。 なお、後方互換性がいまいちだったりするので、ライブラリのバージョンあげてレイアウトが崩れたら地味にコードをみながら修正してみてくださいね(TopBarまわりのマークアップも若干以前と違いますな)。 驚くほど簡単に今風のサイトができてしまうのでこの連休中になんか作ってみるか!という方はいかがでしょうかね。ご利用は以下からどうぞ! » Bootstrap, from Twitter

よくつぶやく人のツイートを小さく、逆を大きく表示してくれる『Shuu.sh』

なかなか興味深いのでご紹介。Shuu.shを使えば「よくつぶやいている人のつぶやきは小さく」「あまりつぶやいていない人のつぶやきは大きく」表示してくれますよ。 ↑ こんな感じに。 つぶやきの頻度で1から11のレベルに分類されるようですね。僕は6でした。 つか、ほとんどの人は11ですね・・・。もうちょっとメリハリのあるアルゴリズムだったら良いかも、と思わないでもないですが、発言がレアな人のつぶやきに注目できるのでちょいと便利です。 というわけでご利用はこちらからどうぞ。 » Shuush