Vimeoがエンジニア/デザイナーを採用するためにとったユニークな手法とは?

ソースコードにメッセージを仕込むのはよくやりますが、最近はconsole.logが流行りなのか・・・。この発想はなかったすね。 ↑ consoleを開くとメッセージが。しかもランダムに切り替わるという・・・。 たしかにエンジニアやデザイナーはconsole.logをチェックしたりもするかもですからね。効果の程はわかりませんが、ユニークな手法ではありますね。ドットインストールでもやろうかなー。 » Vimeo, Your Videos Belong Here via 4 Creative Ways to Recruit Web Developers

スマホ用フレームワーク『Ratchet』のサイトナビゲーションが実にスマート

このサイトのナビゲーション、すごく良く出来ていますね。いわゆる・・・なんだ、パララックス?なのかな。 ↑ 一見、普通ですが、スクロールしていくと・・・。 ↑ 左にコード、右にデモが現れます。 ↑ さらにスクロールしていくと次々に作成可能なコンポーネントがコード&デモのセットで紹介されていきます。 直感的に「このコードでこういうのがデキるんだー」ってのがわかっていいですね。是非体感してみてくださいな。 » Ratchet

スタイリッシュなミュージックサイト『MUSIKKI』がいい感じ

スタイリッシュかつシンプルで結構いいな、と思うのですがいかがでしょ。 ↑ アーティスト名の検索は左上から、というのも斬新。 ↑ 例えばBruno Mars。画面上部にはプレイリストが並び・・・。 ↑ 下部には関連情報がざっとまとまっています。さらに下にいくとツイッター情報や写真なんかも出てきますね。 ↑ あとすごい細かいけどここも好き。 音楽は次々にかけてくれるっぽいので、作業用BGMサイトとしてもおすすめです。 » Musikki, Find and Listen to New Music

センスが光る最新インタラクションデザインを紹介する『Hover States』

素敵サイト発見。セレクションのセンスにぐっと来ました(僕的に)。 ↑ 最新のインタラクションデザインを実装したサイトを紹介しています。サムネイルにホバーオーバーすると動きが見れるのも良い感じ。 ↑ このペンギンのサイトとかかわいいな。絵本的で。 そんなに数は多くありませんが、「お!」と思えるサイトばかりではないでしょうかね。デザインの最新動向を知るのに便利かと。またこういったサイトはリニューアルされちゃうと見れなくなるので旬なうちに見ておくといいかとも思います。 » Movement in interaction design | Hover States

Kickstarterのメンバー紹介ページがリニューアルされたようだ

Kickstarterは細かいサイト内の仕掛けが好きなのですが、メンバー紹介ページがリニューアルされて良い感じです(以前に取り上げたときはこんな感じ)。 ↑ 微妙に映像になっています。 ↑ 右にスクロールしていくと他のメンバーも見られます。 チームのリラックスした様子を見られてなんだかなごみますね。ユーザビリティ的にどうこうとかありそうですが、個人的には良い感じかな、と。 » Kickstarter

フリックしたところでスクロールが止まる『Flick Scrolling』

僕自身はプログラマーじゃないけどがんばって実装してみた、というのが好感が持てますね! 「Flick Scrolling」なるコンセプトですが、わりといいのでは。フリックでスクロールするのですが、フリックした位置でぴたっと止まってくれます。 Flick Scrolling gesture from simurai on Vimeo. ↑ わりと便利だと思う。 iPad用のサイトなんかに実装できるといいかもですね。電子書籍とか。 » Flick Scrolling You might wanna watch the video… | simurai

YouTubeって縦長に貼り付けられたのか

EISENHOWERなるアプリのサイトですが、YouTubeがiPhoneの画面に埋め込まれていますね。これはちょっとうまい。というか、縦長に埋め込めたんだ、YouTube。 ↑ スマホアプリの紹介にはいいかもですね。 まぁ、それだけです。初めて見たのでご参考までに。 » EISENHOWER: The urgent-important matrix for time management fans