クワガタとタケノコとフェラーリの伝説取材記事を一気読みした

ダイナミックすぎて一気読みしました。柿次郎さん渾身の取材記事ではないでしょうか。 個人的にぐっと来たポイント。 若者だから思い切った買い物すべきじゃない?と24歳でフェラーリ購入。 人にできないぐらいきついことすれば競争に巻き込まれない。 嫁さん募集中www、「僕の人生アドベンチャーに参加してくれる人」 イノシシは倒せる とても素敵な人ですな。元気が出るので是非読んでみるといいかと思います。 » 【伝説】クワガタとタケノコで大稼ぎ! 謎の農家「風岡直宏」はなぜフェラーリを買えたのか? – どこでも地元メディア ジモコロ

聞いて納得した、Chromebookが子どもたちに受け入れられる理由

米国在住の友達に教えてもらったのですが、Chromebookが子どもたちの教育シーンで使われつつあるのだとか。 iPadもいいけどキーボードがあった方がいいのとお値段的な問題があるので「ふむ、そうかもね」と思ったのですがもうひとつ理由があったようです。 彼いわく(それが唯一ではないにせよ)その理由は「キーボードに刻印してある英字が小文字だから」というものでした。 確かに見てみるとMacのキーボードなどは大文字で刻印されていますが、Chromebookは小文字です。 ↑ 確かに。 子どもたちにしてみれば「キーボードに書かれたものがそのまま画面に出てくる」というのがとても大事なので、確かにこの設計の方が理にかなっているかも・・・と思いましたよ。 そもそもなんでキーボードって大文字で刻印されているのですかねぇ。 Acer C720 Chromebook クロームブック (Intel Celeron 1.4GHz/2GB/SSD16GB/11.6inch/Chrome OS/Granite Gray) 並行輸入品 エイサー エイサー

『32才で心筋梗塞・・・彼の運命が変わったのはいつ?』の啓蒙映像がショッキング・・・

32才で倒れた肥満気味の方の人生を巻き戻してみると・・・?! ↑ 2分弱の映像です。 子供の運命を変えるのはどのタイミングなのか・・・?!突っ込みどころは多いかと思いますが、考えてしまいますね。 » How Does That Happen? – Neatorama

配送時間よりも「今、どこにいるか?」がUberificationの本質ではないか?

本質とか言い始めるの微妙・・・とか思いましたが汗、勢いで。 サンフランシスコでよく「Uberification(サービスのUber化)」という言葉を聞きました。定義的には「スマホで注文して、オフラインで完結する」といった感じでしょうか(参考)。 その流れで「宅配のUber版」「お弁当のUber版」「雑用サービスのUber版」などなどが出てきましたが、Uberを使っていて一番革命的!と思ったのは「今、どこにいるか?」がリアルタイムでわかることではないかな、と。 サービスや商品自体はタクシーにしろ、お弁当にしろ、今まであったものですが、「スマホで現在位置が確認できることによって、そのサービスを使うまでの心理的ストレスが激減する」ってところが新しいような気がします(キャッシュレス決済とかも大事かとは思いますが)。 ↑ 今どこにいるか、がわかることが革命的だと思います。 よく言われることですが、可処分所得が大きい人にとってもっとも貴重なリソースは「時間」です。そういう人にとって「配送時間が30分とか言っているけどいつ来るかわからない」は、大きなストレスになるような気がします。 気が利いたサービスだと「あと10分で付きます!」とメールが来たりもしますが、それでもリアルタイムに確認できる便利さからすると格段の差があります(「20分と言ってたのに25分で来た」<<<<<「目安は20分で間に合わないかもだけどリアルタイムで現在位置を確認できます」のイメージ)。 日本でもUberification的なサービスが出始めたような気がしますが、配送時間をアピールするよりも(多分守られないし)、「スマホからリアルタイムに現在位置を確認できる」という機能要件こそを最優先して欲しいなぁ、と思います(RouteshareみたいなAPIを提供する会社があるといいな)。 それにしてもUber、もうちょっと台数増えるといいのですが・・・。まだ体験していない方は是非こちらからご登録をw。2,000円分が無料になりますよ。 » Uberに登録(ここから登録するとお互いに2,000円もらえます)

【微閲覧注意】 20mのクレバスに落下した教授が無事生還

調査のために雪山に入った教授が20mのクレバスに落下。その様子を録画していたようです。 ちょっと映像がえぐいのですが、肩関節が外れて肋骨も折れているのに4〜5時間かけてなんとか戻ってこれたようです。 ↑ その1。 ↑ その2。 ↑ その3。 ↑ その4。 あきらめたらいけないですよね・・・と痛感しちゃいますね・・・。無事で良かったです。 » Scientist Falls 70 Feet Into Mountain Crevasse — And Lives

ロシアの道路がおそロシア

YouTubeのタイトルからするにチュメニで起きた事故っぽい。怖すぎる。 ↑ 2分ちょいの映像です。せっかちな人は1:20あたりから。 高架的な道路ですかね・・・。怖すぎ。 » рушится дорога в Тюмени – YouTube

Frane Selakさんの人生がイベントフルすぎる

前にどこかで聞いたことがありますが、この映像は初めて見たような。ラッキーだかアンラッキーだかよくわからないFrane Selakさんの人生がまとめられています。 ↑ 3分ほどの映像です。 これだけ事故にあいまくって生き延びるってすごいですよね。 » Meet Frane Selak, The Luckiest Unlucky Man To Ever Live – Neatorama どんだけ屈強な人だよ・・・?と思ったら親切な人でしたw。 このあたりの顛末はこちらから。