「はじめてのGTD ストレスフリーの整理術」がまたしても重版!

出版社の方からお知らせをいただきました。「はじめてのGTD ストレスフリーの整理術」がまたしても重版になったようです。ロングセラーで売れているようで監訳者としても嬉しい限りです。 人生で身につけてよかった三大スキルのうちのひとつがGTDなので(あとの2つは「すごい会議」と「空手」)、新生活でむぎゅぎゅとなっている方はいかがでしょうかね。 個人的にはやはり以下の様な習慣が身についたのが良かったですよ。 あとでメモしよう、は絶対忘れる、ので今すぐメモ。もしくはいつでもメモれる仕組みをつくっておく。 週次レビューが最強。「毎週このリストをみる」と決まっていれば、気になるTODOをそこにいれておくことでだいぶ気が楽になります。 リマインダー設定上手になることで日々のストレスが減りました。 GTD本はいくつか出ていますが、この「はじめてのGTD ストレスフリーの整理術」が一番わかりやすいかと思います。そろそろGTDに挑戦したい、という方は是非どうぞ。 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術 デビッド・アレン, , デビッド・アレンのAmazon著者ページを見る, 検索結果, 著者セントラルはこちら, 田口 元 二見書房 ちなみに「すごい会議」はこちらね。こちらもおすすめです。 すごい会議-短期間で会社が劇的に変わる! 大橋 禅太郎, , 大橋 禅太郎のAmazon著者ページを見る, 検索結果, 著者セントラルはこちら 大和書房

「ストレスフリーの整理術」がおかげさまでまたまた増刷!

うれしいお知らせが飛び込んできたので勢いでエントリー。 「ストレスフリーの整理術」が10刷、「実践編」が3刷に突入したそうです。ありがとうございます! GTD、地味ですが、効果的な「考え方」ですよ。なにかと仕事に追いまくられている感覚に襲われがちな人におすすめです。 「はじめてのGTD」と「ひとつ上のGTD」が出ていますが、やはり個人的にはこちらの方がおすすめ。 » はじめてのGTD ストレスフリーの整理術 こちらはちょっと玄人向けです。GTDをしばらく実践したあとに読むのが良いかと・・・。 » ひとつ上のGTD ストレスフリーの整理術 実践編 仕事というゲームと人生というビジネスに勝利する方法

バッドなデザインはグッドなリマインダーになる、というお話

37signalsのブログエントリー「A bad design is a good reminder」にインスパイアされて最近ちょっと実践していることでも書いてみます。 GTDを実践するようになってからさまざまなリマインダーを使うようになりました。これは「いついつになったらメールが飛ぶ」というタイミング的なものから、「どこそこにいったら何を思い出せ」といったロケーション的なものまで含みます。 以前はこうしたロケーション的なリマインダーにはメモを使っていたのですが(玄関に「明日持って行く物メモ」を置いたり)、紙とペンがいつでもあるわけでもないですし、メモを書くまでもない、というシーンも多々あります。 そうしたときには「バッドなデザイン」をリマインダーとするようにしています。ぱっと見て明らかにおかしなものを置いておいて「あ、そうだ、あれか!」と思い出すようにしている、と言えばいいのかな。 たとえば玄関で思い出したいことがあるときは靴を裏返しにしておいたり、オフィスに着いたときに思い出すべきことがあるときは机の上に傘を置いたりしています。 ちょっとしたことではありますが、こうした「バッドなデザイン」はすぐに気がつくし、準備もほとんどいらないので「グッドなリマインダー」としてうまく機能していますよ、というお話でした。 GTDを実践中!なんて方は是非試してみてくださいな。「A bad design is a good reminder」として覚えておくといいですよ(逆にわかりにくいかw)。 ※ なお、注意すべき点としてはあまりに公共の場に変なものを置くと勝手に片付けられちゃうのでうまいこと考えてみてくださいな。

「ひとつ上のGTD」「はじめてのGTD」ともに増刷!

おかげさまで「ひとつ上のGTD」と「はじめてのGTD」、あわせて増刷されたようです。「はじめてのGTD」はこれで9刷になります。ありがとうございます。 ↑ 嬉しい限り。感謝感激! GTDはよく難しいとも言われますが、あまり難しく考えずに適当にやり始めるのが良いかと思います。なにより特別なツールが必要じゃないというのがいいですよね。考え方だけの話なので、いろいろと応用が利くのもうれしいところです。 というわけで、冬休み中に「ストレスフリーの整理術」を身につけてみたい方はいかがでしょうかね。よろしければどうぞ。 » はじめてのGTD ストレスフリーの整理術 » ひとつ上のGTD ストレスフリーの整理術 実践編 仕事というゲームと人生というビジネスに勝利する方法

【GTD】 意味が違うものをまとめてはいけない

この前、友人と話していて「へー」と言われたのでショートエントリー。 To Doリストをつくるときでも、部屋の整理をするときでも、なにかをまとめるときはそれらの意味が同じであることが大事です。 ここでいう「意味が同じ」というのは「それらに対して行うアクションの種類が同じ」ということです。 たとえば部屋に雑誌が散乱していたとして、それらを一緒にまとめただけでは「効率的な整理」が出来たとは言えません。その中には「いつか読もう」「読むかどうかあとで判断しよう」「資料として保管しておこう」といったものがごっちゃになっているからです。 一見、雑誌類を一カ所にまとめると整理が出来たように感じるかもしれませんが、これは次の2点において非効率です。 実際にそれらについてアクションを起こそうとしたときに、それぞれが何を意味するかについて、ひとつひとつ判断しなおさなくてはいけない。 上記の理由のためにそれに対してアプローチするのを脳が面倒と感じてしまい、なんとなく放置しつづけてしまう。 だからこそ整理をするときには「それらに対して次に行うアクションは何か?」ということを常に判断しなくてはなりません。 これを怠ると「整理したようで全然整理できていない」という状況に陥り、結果として「まー、あとでいいかー」と先送りしまくるようになります。そしてそうした小さな「先送りに対する後ろめたさ」が積もり積もって大きなストレスになってしまうのです。 「一カ所にまとめたはいいが、全然手をつけられていない」というなにかがある方はその意味を考え直してみるといいかもですね。 「整理」をする目的は「アクションがとれるときにさっと行動に移せるようにする」ことです。それぞれが意味するアクションをぱっと判断して、整理に生かす癖をつけておきたいですね。 » ひとつ上のGTD ストレスフリーの整理術 実践編 仕事というゲームと人生というビジネスに勝利する方法

【逆算で考えるGTD】 すべてのワークフローは何のために?

ちと最近思っていることをさらりとエントリー。 GTDの話をしていると「あれ、最初に時間かかるんでしょ?」「仕分けがめんどくさい」と言われたりしますが、GTDのプロセスよりも、それによって得られる「成果」について考えた方が吉かな、と。 好きな言葉に(うろおぼえだけど)「掃除をするときは片付ける作業(プロセス)を想像すると面倒になる。そうではなくて、きれいになった部屋(結果)を想像すべし」というものがあります。 同じように考えるとGTDで実現されるのは「雑念がない状態で作業がど〜んどん進んでいる状態」ということになります。こうした状態に「調子がいいときになれる」と、「いつでも瞬時になれる」というのには大きな違いがあります。 そしてそれを実現するためのプロセスが、収集、処理、整理、レビューになります。たしかにこれらのプロセスは面倒ですが、きれいな部屋、じゃなかった、きれいな心の状態を維持するには必要な作業なのです。 別にGTDに限ったことではないですが、何かをする際には目先のプロセスにとらわれずに成果に目を向けて近未来にひっぱってもらうとうまくいくことが多いかもですよん、というお話でした。 というわけでDavid Allenさんの3作目「Making It All Work」を監訳させていただいたのであわせて紹介しておきますね(こちらが本題という噂も・・・)。今、Davidさんが何を考えているか興味がある人はよろしければ・・・。 ただ、Davidさんもおっしゃっていますが、GTDの本質自体は完成されているので、細かい部分が掘り下げられているものの、大枠は今までの主張どおりではあります。 「真実に何度も触れることで理解を深めていくことができる」という主張には賛同できますが、重複が多いと感じる方も多いかもしれませんごにょごにょ・・・。 Amazonでは予約販売が始まっているようなのでリンクはご紹介しておきますね。 » ひとつ上のGTD ストレスフリーの整理術 実践編 仕事というゲームと人生というビジネスに勝利する方法

GTDのDavid Allenさんから『GTD Workflow Map』が届いた!

GTDのDavid Allenさんから荷物が届きました。ありゃ?と思ったらなにやら筒と絵葉書が。 ↑ なぜか日本の絵葉書・・・w。 開けてみたらGTDのワークフローをわかりやすくインフォグラフィックスであらわしたポスターでしたよ。EXPLAINというデザイン会社によるものですね。 かなりわかりやすく&きれいにまとまっています。GTDのワークフローをより深く理解したい方におすすめです。というか、情報のまとめ方として相当勉強になるな、これ・・・。 ↑ これはオフィスに貼っておこう。 ざっと見てみましたが、細かいところまで実によくできています。これを全部説明できるようならGTD黒帯間違いなしですな。 大小のポスターと、内容を説明したDVDがついてGTD本家サイトでも販売していますね。ご興味のある方はよろしければどうぞ。 » David Allen Company :: GTD Setup Guides and Educational Products :: *NEW* GTD® Workflow Map with Coaching DVD- Back In Stock! あ、堀さんのブログでも紹介されていました。こちらもあわせてどうぞ。 » 目に美しい GTD のワークフローのダイアグラム | Lifehacking.jp

GTD勉強会@名古屋へのお誘い

中小企業の経営者を応援するメルマガ「がんばれ社長」を運営する武沢さんとちょっとした勉強会をすることに。前半は武沢さんのお話、後半は僕がGTDのお話をする予定です。 今回は武沢さんのお膝元、名古屋での開催です。費用は3150円、日程は7月2日の夜です。残席わずかとのことですがよろしければどうぞ。詳細&お申し込みは以下のような感じです。 » ビジネス講座 がんばれ社長!

「はじめてのGTD」がまたしても増刷&GTDTimes.com日本語版のご紹介

「はじめてのGTD ストレスフリーの整理術」がまたしても増刷とのお知らせ。これで5刷です。おかげさまで好評のようです・・・ありがとうございます。うれしいですね。 ブログでの書評もちょこちょことまとめさせていただいております。こちらもあわせて是非どうぞ。 » はてなブックマーク – IDEA*IDEA – はじめてのGTD それからGTD勉強会を開催されているworks4lifeのnomicoさんがGTDTimes.comの日本語版を立ち上げたようです。現在翻訳スタッフを募集しているようなのでご興味のある方は連絡をとってみてください! GTDの情報がこうやって広まっていくのはうれしいですね。 » works4Life season V » Blog Archive » GTDTIMES-TLS-JPをオープンしました! » はじめてのGTD ストレスフリーの整理術 » ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則

GTDの提唱者、David Allenさんのオフィスはこんな感じ

このブログでもおすすめしているストレスフリーの仕事術、GTDですが、その提唱者のDavidさんのオフィスがLifehackerで紹介されていました。 3分ほどの動画ですが、彼自身がどのようにGTDを実践しているかを見ることができます。GTDの本を読んだ後にイメージをつかむために見ておくといいかもしれません。 ↑ カリフォルニアのオフィスかな。 どんなツールを使っているかとか、どう使っているかが動画だとわかりやすいですね。彼のファイル整理の方法なんかも垣間見ることができます。 » Video: Take a Tour of David Allen’s Office こちらもあわせてどうぞ。 » はじめてのGTD ストレスフリーの整理術