CakePHPでSNSっぽいものをつくって挫折するまでのコーディング日記(#001)

前回に続き、作業に入ります。 まずは下準備。 ■ 下準備 カフェでコーディングしたいのでまずはローカル開発環境をセットアップ。VMWare上のCentOS4にVirtualHostを設定します。Apacheを再起動。 なんとなくドメインはcodexcode.comで。ローカルのhostsも設定完了。 今回作業するのは、/home/webadmin/codexcode.com/public_htmlです。 ■ インストール では何はともあれインストール。CakePHPのサイトからStable版をダウンロードしてCopy。Sambaの設定がしてあるから楽々。途中で寄付するか聞かれますが今はスルー。最後までできたら$100寄付してやるぜ! とりあえず何したらいいかわからないので次にドキュメントをあたります。 ■ 下調べ とりあえず青い人が紹介していた記事を当たってみます。 » 第1回 CakePHPを使いたくなる5つの特徴|gihyo.jp ・・・読んだ。ActiveRecordとか何いってるかわかんない。あとぶっちゃけ、モデル、ビュー、コントローラーのビューしかわかんない。 とりあえずチュートリアルを読めばよさげな気がするので次に行きます。 » 付録 A. Cake ブログチュートリアル ・・・読みはじめた。変な翻訳が逆に好感度高し。解凍後の処理が書いてあったので一緒にやってみる。 まずは解凍。 /home/webadmin/public_html     /app     /cake     /vendors     .htaccess     index.php     VERSION.txt になりました。とりあえず http://www.codexcode.com/ にアクセス(ローカルに設定しているのであなたからは見えません)。 おー、なんかできている。とりあえずPHPは動作しているっぽい。 ・・・付録B、Cと読み進めます。Viewのファイル名が.thtmlなのがちょっと気持ち悪い。なんで「.thtml」なんだ? それから期待していたモデルとコントローラーの違いがわかったような、わからないような・・・やっているうちにわかるだろ、ということで次に行きます。 そしてヘルパーとコンポーネントが出てきた。わからん。まぁ、いいや。今のところ。 たぶんこのあとはリファレンスを読めばいいのでしょうが、面倒だからとばしますw。 チュートリアルではブログシステムを認証付でやっていたのでまぁ、ブログもSNSの日記も同じだろうということでチュートリアルを見ながら作り始めてみます。 キリがいいので記事を分けます。 » CakePHP修行! アーカイブ | i d e a * i d e a

CakePHPでSNSっぽいものをつくって挫折するまでのコーディング日記(#000)

コーディングは日々やっていないと忘れるので練習もかねて日記を書いてみます。 最近話題のCakePHPでSNSっぽいアプリをゼロから作る過程をレポートしていきます。 なお、個人的にフレームワークというものにいい思い出がないので最初から挫折する気満々ですw。ちょっとでもはまったらやめるつもりなので何回まで続くかわかりません。 でもきっと青い人が助けてくれるのではないかな、とちょっと(=かなり)期待しています。 では今回の企画について。 CakePHPを使う。 SNSっぽいのを作ります。考えている仕様は後述。 1日1時間程度やりたいと思います。調子にのったら延長。はまったら数分でやめます。 3日以上はまったらやめるw。すぐやめる。即やめる。 コーディングが稚拙でもブログで公開していきます。むしろ恥をかく方向で。 万が一、挫折せずに最後までできちゃったら、CakePHPに$100寄付します。 では作ってみたいSNSの仕様について。 ログイン、ログアウト。ログインには例の「情報をコンピュータに保存する」をつける。 会員情報登録、編集、削除。写真アップも含む。登録はメールで承認つうやつをやってみたい。 友達招待、登録。 日記登録、削除、編集、お友達日記閲覧。 会員用ページ。 こんなところですかね。基本的にデザインはミニマムっす。気が向いたら適当なジェネレータでロゴぐらいつくるかも。 では今から作業に移りたいと思います。アップは数時間後!