万博記念公園の「EXPO’70 パビリオン」のコスパがすごかった(200円)

弾丸旅行で大阪方面まで行ってきたわけですが、思い立って万博記念公園に行ってみました。 太陽の塔でも見てのんびり散歩するか、ぐらいの勢いだったのですが、ふらりと入った「EXPO’70 パビリオン」のコスパがすごく良かったです(200円、ただし公園自体の入場料に250円かかります)。 大阪万博といえば1970年なのでだいぶ前ですが、その頃の熱狂ぶり、盛り上がりぶりをうかがい知ることができる素敵な博物館でした。 個人的には「大阪万博って盛り上がっていたらしいですねえ」とひとごとだったのですが、太陽の塔に何が展示されていたのか、とか、他のパビリオンでは何が人気だったのか(アメリカ館の「月の石」展示がダントツだったぽい)などなど、とても勉強になりました。 というか太陽の塔の展示やばいですね。人類の進歩を表現した岡本先生が天才すぎる・・・。現在は老朽化して内部は閉鎖しているようですが一度見てみたかった・・・。 ↑ 太陽の塔はプロジェクションマッピングも有名ですよね。8分弱の映像です。 あと万博豆知識なども仕入れることができて「ブルガリア館で提供されていたヨーグルトが人気すぎて明治が独占契約、『明治ブルガリアヨーグルト』のロゴは当時のブルガリア館そのまま」だとか「へー」ポイントも高かったですよ! 平日に行ったのですが料金200円でたっぷり一時間以上楽しめたのでおすすめです。 ↑ 関係ないけど「やまちゃん」のたこ焼きは本当においしい。あと南京町の老祥記もやばかった。 というわけで万博記念公園の公式サイトは以下なのでご興味のある方は是非どうぞ。 » 万博記念公園 あと太陽の塔ロボが欲しかったのですが予算的に断念しましたw。かっこいいなぁ、これ。いつか買っちゃいそう。 超合金 太陽の塔のロボ バンダイ バンダイ

ReadMe.ioのパスワード入力画面がかわいい

ずいぶん久しぶりに更新が復活したLittle Big Detailsで紹介されていたこちらがかわいいですよ。 ↑ 普通のログイン画面ですが・・・。 ↑ パスワード入力中はこうなります笑。 こういうちょっとした仕掛けって素敵ですよね。 » ReadMe.io : Crowdsource Your Developer Hub

ベルトになるスクーター・・・

これ、すごいすね。 ↑ 普段はちょっとごついベルトですが・・・。 ↑ なんとスクーターになりますw。 強度が心配ではありますが、急いでいる時にさっとベルトを外して移動できたら便利ですよね(かな?w)。 » Wearable Transport: Collapsible Belt-scooter | I New Idea Homepage

Amazon段ボールの「ここを押すとテープがはがせます」がいい感じ

段ボールのテープがはがせないとイライラしますよね・・・。と、思っていたらAmazon段ボールに小さなイノベーションが! ↑ たしかに押したらいい感じにテープがはがれた! Amazonについてはいろいろありますが、こうした小さな改善がいい感じです。

Lauraさんの『唇キャラメーク』がすごいな

すごい作りこまれとるw。 ↑ 唇をうまく使っていますね。 ↑ はは。 ↑ この前歯はなんじゃろ。 元記事にはもっとありますよ。よろしければどうぞ。 » Laura Jenkinson’s Lip Makeup Characters – Neatorama Facebookページもあった。きれいな人ですな。 » (3) Laura Jenkinson Makeup Artist

顔面トラッキング+プロジェクションマッピングの映像が素敵

顔面トラッキングしつつ、プロジェクションマッピングをした映像がなんだか未来的ですね。 ↑ ターミネーター思い出しますね。 OMOTE / REAL-TIME FACE TRACKING & PROJECTION MAPPING. from something wonderful on Vimeo. ↑ 2分ほどの映像です。 日本の方による作品ですかね。素晴らしい。 » Face tracking + projection mapping = very strange – Boing Boing