『ローカル開発環境の構築 (全12回) 』をモダンな感じで再収録しました #dotinstall

以前から気になっていた「ローカル開発環境の構築」レッスンを再収録しました。

前回のはゼロからCentOSのインストールが出来て勉強にはなるのですが、ネットワークの設定次第でうまくいかない人も出たり色々問題だったのでモダンな感じで作り直しました。

いまやVagrantの時代なので、VirtualBoxでさくっと立ち上げてもろもろ設定をするところまでを説明しています。Chefなんかを使ってもいいのですが、初心者にはちょっとわかりづらいので1つずつ。

なお、環境構築ではまりやすいRuby on Railsのインストールについても解説しています(Heroku使え、と言われそうですが)。

Screen 2

↑ Vagrantで仮想マシンを立ち上げていきます。

Screen 3

↑ Webサーバー立ち上げてファイル転送ツール設定して、hostsの編集も行います。

開発の作法にはいろいろありますが、手元にローカル開発環境があったほうがなにかと便利ですよね。やり方のひとつとして参考にしてみてくださいな・・・。

というわけでこれで147レッスン、総動画数は2,138本になりました。引き続き応援していただけるとうれしいです。

» ローカル開発環境の構築 (全12回) – プログラミングならドットインストール

Pocket

SPONSORED LINK

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *