文字間の調整をするときに覚えておきたい、たった一つのテクニック

前にデザイナーのまめこにも教わったのですが、海外サイトでも紹介されていたので思い出したようにエントリー。

デザインをするときに気をつけていたいのが「文字間調整」ですよね。テキストを配置するときにそのままだとちょっと「?」となることも多いです。

そこで文字間を調整するわけですが、ちゃんと等間隔に配置されているかをチェックするには上下逆にしてみるというテクニックが使えるらしいです。

↑ こんな感じ。

こうすると「文字が文字じゃなくて図形として認識される」ので、「あ、ここちょっと広い」とかって気付きやすいらしいですよ。デザイナーさんなら知っている人も多いでしょうが、覚えておきたいテクニックですね。

» Kerning type and great typography | Typecast Creative

Pocket

SPONSORED LINK

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *