WebkitのAPI使えばWebサービスからデスクトップにアラートが出せるだと!?

これ、知りませんでしたが、超絶便利ですね。もうみんなWebkitにしてほしい。

なにやらwebkitNotifications APIなるものがあって、Webサービスから「デスクトップに」アラートを出せるようです。

多分ブラウザを立ち上げている必要がありますが、windows.alertのような微妙な方法から解放されるというのは素晴らしいですね。

alert_1

デモページにChromeでアクセスして「Request Permission」をクリック。このドメインからのアラートを許可します。

alert_2

↑ 次に「Notify Me」を押すと・・・すごい!デスクトップの右下にアラート出た!

これがあればツール系のWebサービスはぐっと便利になりますね。メールの着信通知、リマインダーなどなど、応用範囲は広そうです。これだけのためにChromeに乗り換えちゃう人もいそうだなぁ・・・。

技術的な詳細について興味がある人は以下からどうぞ。

» 0xFE – 11111110b – 0376 – 254 b9#9: Desktop Notifications with WebKit

Pocket

SPONSORED LINK

4 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *