WordPressに『WordPress Related Post for Japanese』を導入する方法

jr_0

もう既に導入している人も多いでしょうが、「WordPress Related Post for Japanese」の導入方法を友達のためにまとめてみますよ(いまさら?とか言わない!w)。関連記事を表示するためのプラグインですね。

関連記事を表示しておくと訪問者がたくさんのページを見てくれるのでいろいろ良いですよ。おすすめです。

なお、英語版では有名な「WordPress Plugins」を導入しているWordPressユーザーも多いですが、「WordPress Related Post for Japanese」の方が日本語に特化しており、精度が高いのでおすすめです。

なお、関連記事を計算するためにYahoo! JAPANのAPIを使っているのでちょっとややこしいですね。以下、作業ログをまとめてみます。

  • プラグインをダウンロード&インストール
  • 以下のサイトからダウンロードしてプラグインフォルダに突っ込みます。ここまでは他のプラグインと一緒ですね。

    » WordPress Plugins/JSeries » WordPress Related Post for Japanese (関連投稿表示プラグイン)

  • Yahoo! JAPANにてアプリケーションIDを取得
  • 解析にAPIを使うため、アプリケーションIDを登録する必要があります。「Yahoo!デベロッパーネットワーク」にアクセスしてもらっちゃいましょう。なお、事前にYahoo! JAPANに登録してログインしておきましょうね。

    jr_1
    ↑ ここからどうぞ。

    次にいろいろ設定します。アプリケーションというか、自分のブログの情報ですね。

    jr_2
    ↑ こんな感じで。

    あとはガイドラインに同意すればOK。

    jr_3

    ↑ もらえた!

    このアプリケーションIDをプラグインの設定で使います。

  • プラグインの設定
  • ここまで出来たらWordPressに戻ってプラグインの設定を行います。

    jr_4

    ↑ こんな感じに設定しましょう。一番上にアプリケーションIDを入れます。

    関連記事を表示する際のヘッダーも工夫すると良いですね。

  • しばらく待つ
  • このプラグインでは、ページがアクセスされたとき、もしくは新規投稿されたときにインデックスをつくるようなので関連記事が表示されるまでちょっと時間がかかります。適当にお茶でも飲んでから確認してみましょう。

以上かな。なお、友達はアプリケーションIDをなぜか二回貼り付けしていて、ずっと結果が表示されないまま・・・というポカミスをやっちゃってましたよ。表示されなかったらきちんとアプリケーションIDが正しいか確認しましょうね。

Pocket

SPONSORED LINK

6 Comments

  1. Pingback: 今週のキャリッジさん » 週間水曜日:近々導入しようと思っているプラグイン

  2. Pingback: CMONOS

  3. Pingback: Webtonic Labs » Blog Archive » WordPressの設定やっと終わったよ(´Д` )

  4. Pingback: Coreserverユーザの僕がWordPressで自分のブログを立ち上げるためにしたことまとめ。 | Kechol

  5. Pingback: 関連記事を自動表示するWordPressプラグイン「jRelated」をカスタマイズして、サムネイル表示する方法 | 本質思考道場

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *