データ保存媒体の進化がよくわかる一枚の画像・・・

これは良い資料かな。テープやCDに始まるさまざまなデータ保存媒体の進化がよくわかる画像です。えらい長いので気になったところをいくつかご紹介。

s_1

↑ こうしてみるとCDって革命的ではありましたよね。

s_2

↑ そしてiPod・・・。今のiPodって初代iPod、24台分なのですね。そしてCD1500枚分・・・。

s_3

↑ ひるがえって映像。YouTubeには毎分20時間分の映像がアップされるのですが、それって343本のVHSテープですって。

s_4

↑ 写真はどうかというと、毎時間Flickrには384冊分のアルバムがアップされているとのこと。

s_5

↑ いろいろまとめると普通のMacBook Proでさえこれだけのデータが保存できると・・・。なくしたら大変だ、こりゃ。

昔はそういえばテープにプログラムとか保存していましたよね・・・懐かしい。3.5インチフロッピーは感動的だった。

そう考えると今すごいなぁ、と思うのはやっぱりMicroSDですかね。これに数ギガってどうよ・・・。ま、というわけで元画像は以下からどうぞ。

» Physical Storage vs. Digital Storage | The Mozy Blog

Pocket

SPONSORED LINK

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *