どういう表現をすればTwitterでフォローされやすいか?を実験してみた人のお話

これは興味深いですね。ブログ記事の最後に「Twitterでフォローしてね」というリンクをつけている人も多いかと思いますが、どういう表現をしたらクリック率がどう変化するかを実験してみた人がいるようです。

英語での実験結果なのでそのまま訳しても意味がなさそうですが、とりあえず結果は以下のとおり。

tw

↑ 下にいくほどクリック率があがったそうです。

ちなみにこれ以外にもいろいろ試してみたそうですが(すべてをリンクにしたり、Pleaseといれてみたり)、結局は一番下の表現が良かったそうですよ。

日本語だとどうですかね・・・。どなたか実験してみるといいかも、と思ったり。

» You should follow me on Twitter | Dustin Curtis

Pocket

SPONSORED LINK

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *