LANケーブルは自作することにした

c_top

オフィスでサーバー並べているとちょうどいい長さのLANケーブルが欲しくなりますよね。というわけで重い腰をあげて以前からやりたかったLANケーブル自作のためのもろもろを購入しちゃいました(いまさらですが・・・)。

自作のための工具だけだったら総額7,177円。何度もケーブル買いにいく手間考えたら自作するのもありかな、と。なお、工具のほかに消耗品であるコネクタ&コネクタカバー&ケーブルが必要です(たいした金額じゃないですが)。

なお、ケーブルをつくるのも簡単でしたよ・・・というか、正直に言うと自分では作ってなくて26歳女子にやってもらったのですが、「適当に調べてやっておいて」と言ったらじゃんじゃか作っていましたよ。素晴らしい。

ちなみに彼女が参考にしたのは以下のサイトです。

» LAN professional – サンワサプライ株式会社

以下、作った手順を写真に撮ってもらったので簡単にご紹介。

c_cut

↑ まずはケーブルをお好きな長さで切断。

c_muki

↑ 適当なところから皮をむきますよ。

c_barashi

↑ 中の線をばらして正しく並べます。

c_soroe

↑ それでもって長さをそろえます。

c_hame

↑ 次にコネクタをくっつけ・・・。

c_kashime

↑ 専用工具でかしめます。

c_test

↑ ここまできたら一応テスターで接続確認。ちゃんとランプがついたらOKです。

c_all

↑ 今回使ったものです。

なお、上記写真レポートではコネクタカバーをつけるの忘れましたw。コネクタカバーをつけてからコネクタをつければOKです。

ご参考までに今回購入したのはこちら。オフィスにこれらがあると便利かもですね。

Pocket

SPONSORED LINK

6 Comments

  1. Pingback: Soukaku's HENA-CHOKO Blog

  2. CAT5ぐらいまでは結構大雑把でも大丈夫なんですけど、
    5e、6以上になってくると、加工精度が求められるので自作は縁遠くなってますねぇ。
    専用の工具じゃないとダメなことも少なくないですし。

  3. Pingback: Creatiblog:310326

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *