食べ物の名前をURLに渡すだけで、カロリー値を出力してくれる超シンプルなAPI『Calorie API』

SPONSORED LINK

Pocket

こ、これは便利なのでは。食べ物の名前をURLに渡すと、だいたいカロリーはこれぐらい、というデータを返してくれるAPIです。

以下、簡単にご紹介。

cal_api_1.gif

↑ まずはCalorie APIのサイトでテスト。「カレー」と入れてみます。形式はXMLで。

cal_api_2.gif

↑ するとこのようにデータが!ざっくりしたデータですが、十分なのでは・・・。

もちろんURLに渡す方式でもOKです。形式は以下のとおり。

http://soogle.ddo.jp/calapi/api?name=[UTF-8でエンコードされた食品名]&output=[xml|csv|text]

対応している食品は順次増えているようですが、充実してくればいろいろ使えるのでは・・・ダイエットは永遠の課題ですしね。

ご興味がある方は以下からどうぞ。

» カロリーAPI ダイエット2.0

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.