疲れることなく、いつもより3倍速く歩く方法(多分・・・)

walk_top.jpg

そういえばよく「歩くの速いですね」と言われます。そう言われれば歩くとき気をつけていることがありました。なんとなくそのコツなんかを書いてみる。個人差ありそうなのでネタとしてお楽しみください。

まず、大事なのは「早く歩こうとして足を思い切り前に出すのは疲れる」ということです。前に思いきり踏み出すためには実は後ろ向きに蹴らなくてはいけなくて、勢いはもちろんつきますが、全体的にエネルギーの無駄遣いです。

walk_1.gif

↑ 図解するとこんな感じ・・・。

そこで後ろに蹴らずに前に出る方法ですが、一言で言うと「膝を落としつつ、その重力でバランスを崩しながらおっとっと、と前に出る」が正解です。これなら疲れません。しかもやってみるとわかりますが速い。

walk_2.gif

↑ 図解・・・む。わかるかなぁ・・・。

ちょっと慣れるまでぎこちない感じになりますが、膝から落とすように歩くとささーっと速く歩けますよ。しかも疲れない。急いでいるときに地味に便利です。

ちなみにこの動きは甲野さんの本で知った古武術の動きだったような・・・予備動作が少ないのでちょっとした踏み込みなんかにも使えますね。下のDVDあたりに出ているのではないかな・・・(確証ゼロ)。

甲野善紀身体操作術

» 甲野善紀身体操作術

まぁ、なんというか、それだけです。ご参考までに。なお、この方法で歩いて変人扱いされても責任もてないので・・・・自己責任でよろしくです。

Pocket

SPONSORED LINK

0 Comments

  1. 理にかなっているとは思います。

    でも、アスファルトなど硬い路面でこの歩き方をするとひざを痛めそうな気がします。とくに体重が標準よりも重い人など。

  2. もすこしくわしく。
    やってみたけど、ひざに力が入る感じで、ひざに結構負担が入ってそう。
    間違ってる?

  3. 僕も甲野さんのNHKの番組(2004年ぐらい?)を見て、ナンバ歩きしてます。僕はそんなに膝は曲げないですね。体が前に倒れるときに、足をつっかえ棒のように出して体を移動する、という感じです。連続して前に倒れるような歩き方です。3倍はムリでも2倍速ぐらいでなら普通に歩けます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *