WordPressで導入したプラグインまとめ

さて「固定リンクを変えずにスムーズにMovableTypeからWordPressに移行するまでの作業ログ」でもご紹介したとおり、WordPressの絶賛勉強中です。 いろいろいじり倒している最中ですが、いまのところのおすすめプラグインをご紹介。ちなみにWordPressって管理画面から直接プラグインをダウンロード&インストールできるのですね。FTPのID&PWD入れればがつんとやってくれます。すばらしい。削除も簡単にできますよ。 ↑ 管理画面から直接インストール可能。便利だ! では早速。 AdSense Manager まずはAdSenseから。このプラグインを導入後、AdSenseのコードを貼り付けると勝手に解析してくれて、そのコードをもとにさまざまなサイズ&外観の広告ユニットを作ることができます。 ↑ こんな感じ。 そのユニットに名前をつけ、あとはテンプレート内やウィジェット、記事内に指定のやり方で貼り付けるだけ。 自由自在にAdSenseを貼り付けることができるので、効果を見ながらいろいろ実験できて便利です。MovableTypeのときはいちいち再構築していたので面倒だったのですが、これなら簡単でいろいろ試してみたくなりそうです。 All in One SEO pack 次にSEOちっくな設定を一気に行えるプラグインをば。記事のタイトルやらメタタグやらを変更するときに便利ですね。 ↑ 記事タイトルの並び順も細かいですが大事です。 FeedBurner FeedSmith MovableTypeからWordPressに移行したらフィードのリダイレクトもかけましょう。具体的には.htaccessに次のような記述を加えるといいでしょう。 Redirect 301 /atom.xml http://www.simplexsimple.com/feed Redirect 301 /index.xml http://www.simplexsimple.com/feed また今回はせっかくなのでFeedburnerも導入してみます。このプラグインを入れておけば、WordPressのフィードを全部FeedBurnerにリダイレクトしてくれます。FeedBurnerのアカウントが必要なのでまだの人は登録しておきましょう。 Google XML Sitemaps GoogleのSitemapsを生成してくれるツールです。生成してくれるだけなので、ちゃんとGoogleにクロールされるように「Google ウェブマスター ツール」の方でも設定を忘れずに。 Popular Posts/Similar Posts ブログ上で人気記事や関連記事を表示させるためのプラグインです。どちらもブログ内のアクセスアップには欠かせないですよね。MovableTypeのときは手動でやっていたのですが、これでぐっと楽ができそうです。 ↑ こういうのが自動で出る!うれしい! ※ どちらもPost-Plugin Libraryなるライブラリが必要なので導入しておきましょう。 Ultimate Google Analytics こちらはGoogle Analyticsのコードを自動でフッターに挿入してくれるプラグイン。UA-XXXXXなるコードを入れるだけなので楽チンです。なお、デフォルトではログインユーザーのアクセスを除外するようなので、一度ログアウトしてからブログを表示させてコードが貼り込まれているか確認しましょう。 Ktai Style 最後になりますが、今回このために移行したといっても過言ではないプラグイン。ケータイからアクセスするとちゃんと見られるようにしてくれるという超絶便利ツールです。 ケータイ版だけURLを変える必要もありません。カスタマイズも柔軟に出来るし、絵文字を使ったメニューもあるし、ショートカットにも対応しています。 ↑ どうですか、これ! プラグインってなんか面倒なのかな・・・と思っていたのですが、Firefoxのアドオンなみの手軽さですね。気に入らなければ削除すればいいだけですし。 なお、まだまだWordPress初心者なので「こっちのほうがいいよー」なんてことがあればぜひ教えてください。 さてさて、あとはデザインのカスタマイズだけですね。そこらへんをマスターしたら他のブログも一気に移行する予定。楽しみ、楽しみ。 あと、WordPressってやっぱりみんな興味あるようですね。先日の記事を見て移行します!という人がちらほら。こちらもうれしい限りです。

固定リンクを変えずにスムーズにMovableTypeからWordPressに移行するまでの作業ログ

さてそろそろWordPressに移行しますよ。MovableTypeにはお世話になりましたが、企業CMSとして高機能版へ進化していっているので個人ブログにはちょっとつらい(MT4.xへアップグレードする理由がない)。あとモバイルへの対応が難しいのも理由です(WordPressだとプラグイン使えば固定リンクそのままでケータイへ振り分け可能)。 なお、WordPressへの移行は以前も検討したのですが、固定リンクを保持するのが難しかった(と当時思っていた)ので躊躇していました。URLが連番で処理されていればいいのですが、記事タイトルからごにょごにょと生成される方式だったのでいろいろ面倒だったのです。 しかしいろいろ調べてみるとなんとか固定リンクを変えずに移行できることが判明。まずはSIMPLE*SIMPLEから移行させてみました。 ↑ まだ完璧ではないですが、記事単位のURLはそのまま保持しつつ移行完了。 URLを気にしない人ならいいですが、長くブログをやっていると過去の資産というかSEOというかが重要ですよね・・・。いやぁ、良かった、良かった。 以下、その作業ログ。淡々といきますよ。なお、MovableType 3.32からWordPress 2.7への移行です。たぶん他のバージョンでもOK。 ■ 忙しい人のためのまとめ かなり長文になりそうなので作業方針だけ最初に書いときます。 前準備としてMovableTypeのテンプレートを使って固定リンクに使われているファイル名をだーっと書き出し。 WordPressをインストール。各種設定。 1.で用意したファイルを使い、WordPressのDBを直接いじってwp_posts.post_nameを一気にUpdate。 固定リンクを互換性のあるように設定。 画像ファイルをごっそりコピー。 画像ファイルおよびアーカイブにアクセスできるように.htaccessをごにょごにょ。 こんな感じですかね。要はMTのときのファイル名を使ってWPのDBを更新、それをURLに使う、という手法です。 ■ かなり詳細な作業ステップ さて以下、詳しくいっときましょう。 なにはともあれバックアップ 基本。MTはいじらないのですが、変なことになったときに戻れるようにブログのディレクトリ以下をバックアップしておくといいでしょう。DB使っている人はそれも。 MTのテンプレートを使って固定URLリストを生成 MTのテンプレート機能を使えば固定URLのリストを生成できます。 ↑ こんな感じで。 一応コードも。固定URLと一応何の記事がわかるようにタイトルも(これは使わないけど確認用に)。 <MTEntries lastn="999999"> <$MTEntryBasename$>|<$MTEntryTitle$> </MTEntries> そのあとこのテンプレートを再構築すれば http://www.simplexsimple.com/postnames.txt でリストが取得できます。あとで使うのでここでリストをコピー、テキストファイルとして保存しておきましょう。 ただ、ここで一点注意。上記のコードだと公開されている記事だけが対象になります。下書きの記事、公開予定の記事がある人はあとで書き出しをするときに書き出したファイルから削除するか、全部公開しちゃってから作業をすすめましょう(そうしないといろいろずれる)。 MTで書き出し ここでMTの機能を使って全エントリーを書き出しておきます。mt-export.txtとしておきましょう。 WordPressのインストール、設定 データベース設定して設定ファイルをいじってファイルをコピーしてパーミッションとか必要なら変えてください。ここらへんは割愛。以下をどうぞ。テーマなんかや設定もお好みで。 » WordPress のはじめ方 – スタートガイド – WordPress Codex 日本語版 ユーザーの管理 Adminはテストエントリーとかもあるので削除します。独自のユーザーを設定してログアウト、ログインしてからAdminを削除します。 mt-export.txtからインポート WordPressのインポート機能を使ってMTからのエントリーを読み込みます。さきほど作ったmt-export.txtは/wp-contentにコピーしておきます。 ↑ ファイルを設置してからインポートする方が好き。 エントリーIDを確認する 次がちょっとトリッキーなのですが、インポートされた記事の最初のIDを調べます。 ↑ マウスカーソルを最新記事にあわせると最後についているこれ。クリックしてアドレスバーから調べてもいいかも。 マッピング用のSQLを作る ここまで来たら、WPのIDとMT上での固定URLのマッピングリストを作ります。適当にExcelを使いましょう。さきほど作ったpostnames.txtをコピー、URLとタイトルを分けるために「データ」「区切り文字」「|で分離」をしてみます。 そのあとにWPのIDを横に列を作ってだだっと連番降順でフィルします。 ↑ こんな感じ。 一応記事数や、最初と最後のIDと記事タイトルがあっていることを確認してから、Excelの関数を使ってSQL文を生成します。 ↑ こんな感じでIDとURLを使ってSQL文を作ります。 一応関数に使うコードも。 ="update wp_posts set post_name=’"&C1&"’ where id="&B1&";" これを使えば次のようなSQL文が出来るはずです。 update wp_posts set post_name=’post_90′ where id=207; ここまで出来たらA列をコピーしてpost_names_update.sqlとして保存、/wp-contentあたりにアップしておいてください。 SQLにてWordPressのデータベースを更新 WordPressのwp_postsというテーブルにpost_nameというのがあるので直接SQL文を使ってそれを更新します。さきほどのpost_names_update.sqlをアップしたディレクトリに移動して以下を実行します。 mysql -uUSER -pPASSWORD DB < post_names_update.sql あっさり終了すると思うので次のステップに。 WordPressでパーマリンクの設定 ここで固定URLを使ってパーマリンクの設定をします。僕の場合はarchives以下に置いていたので次のように設定。人によってここらへんは変更してください。 ↑ ここね。 一応コードも。 /archives/%year%/%monthnum%/%postname%.html あとは変更を保存して指示どおりに.htaccessを設定しましょう。 ここまで来たら実際にサイトを見てみます。昔のURLそのままにアクセスできているはずです。ただし、昔アップした画像とかが表示されませんよね。そこらへんを処理していきます(インストールしたディレクトリによっては表示されるかもですが)。 画像をコピー フォルダがそのままならいいですが、サーバーが違ったり、インストールディレクトリが違う場合はアップした画像をフォルダごとコピーしましょう。なお、その中にMTで生成したHTMLがあれば一括削除しておきましょう。使わないので。 再帰的に削除するにはこちら(赤松さんに感謝!)。 find . -name "*.html" -print (一応確認) find . -name "*.html" -exec rm -f \{\} \; これで画像は表示されるようになりますが、実在する/archivesとRewriteRuleの設定が.htaccess内でバッティングするため月別アーカイブなんかが表示できなくなります。そこでここで画像ファイルの保存場所を/archives_imgに名称変更し、/archives以下の画像ファイルがアクセスされたときだけ/archives_img以下を呼び出すようにします。 まぁ、ここらへんはざっくり以下のように設定してください(.htaccessね)。 <IfModule mod_rewrite.c> RewriteEngine On RewriteRule archives/(.*\.(jpg|jpeg|png|gif))$ archives_img/$1 RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d RewriteRule . /index.php [L] </IfModule> これで月別アーカイブも画像ファイルも表示されるようになりましたね。 いろいろ設定 ここまでで一応終了ですが、他にもSitemapやらAdSense、Google Analytics、プロフィールページなんかもうまいこと処理して移行を完了させましょう。無事運用ができるようになったらMTを削除してバックアップなんかも設定しましょうね。要らないcronも削除しておくのが吉かと。 以上、駆け足で見てきましたが、冬休みにブログの移行なんかを考えている方はぜひどうぞ。環境によっては上記のとおり行かない場合もありますが、がんばって解決してみてください。 今はまだSIMPLE*SIMPLEだけですが、年末年始にかけて百式やこのブログも移行予定です。ようやくWordPressの便利プラグインとか使えるようになりましたな。そこらへんも今後アップしていきたいところです。 ブログシステムはどれも一長一短あるでしょうが、WordPress、シンプルでいいですよ。本体はあくまで軽く、そのあとはお好みで拡張していく楽しみがあります(そういう意味でFirefoxに似ています)。いやぁ、強烈に勧められてやってよかったなぁ。 ■ 追記 こちらの方法でもうまくいくようです。基本的に同じことかな・・・。 » MovableTypeからWordPressへのURL込みの移行方法 …

【東京ブック】 お願いは相手が拒否することが前提

■ 今日の一言『お願い上手』 「ビジネスにおける怒りや悲しみの大部分は、お願いごとの定義が不完全なことに起因する。」 この言葉が好きである。 あれやっておいて、やりました、やっていないじゃないか・・・。 職場でよくきかれるこうした言葉の応酬はお願いごとがきちんと定義されていないことから来ている。 そしてもうひとつ、お願いに関して著者の前田さんが言っていることがある。 それは「お願いは相手が拒否することが前提」ということである。 この前提がなかったら相手に断られたら傷ついてしまう。 そして逆にこの前提に基づけば、相手がお願いをきいてくれたら飛び跳ねるほどうれしくなる。 そうすれば一生懸命こちらもがんばりますから!という気持ちになれるのだ。 ビジネスにおけるお願い上手になりたいですね。 ■ 企画 仲のよい同僚と数人で行う。 「おねがい」「いらい」の単語変換に「相手が拒否することが前提」という文章を登録してみる。 それだけ。 ■ 一言の出典 » 前田義子の強運に生きるワザ (オッジブックス) ■ その他の東京ブック 東京ブック アーカイブ

テキストエリアが大きくて見やすい正規表現チェックツール『jsregext』

よくあるツールですが、画面いっぱいを使って広く作業したい場合は良いかもです。JSで出来た正規表現チェックツールです。 ↑ わかりやすい。 さりげないところに自分のブログへのリンクが貼ってあるのがツボでしたw。冬休みにかけて正規表現を勉強してみたい!なんてかたはどうぞ。 » jsregex ■ 関連記事 秀丸の「grepして置換」がすごい便利になっていた件 | IDEA*IDEA 手軽に正規表現のテストができるツールが登場!Rubyで作られた『Rubular』 | IDEA*IDEA ブラウザで正規表現のチェックなどができるサイトまとめ | IDEA*IDEA

【自炊生活】 かにかまでコールスロー

ひさびさの自炊生活。さぼっていたわけではなくて、なんとなくアップし忘れていただけですが。今回作ったのはコールスロー。キャベツの千切りが楽しい。 ↑ マヨネーズたっぷりと。 かにかまとヨーグルトなんかを混ぜましたとさ。レシピはクックパッドから。 » キャベツとかにかま☆コールスロー♪ by naoming [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが40万品 さて今回で99個目。最後の1個は何作ろうかなー。今年中に作らないと。ちなみに今までの作品はこちらからどうぞ。最初の作品からするとだいぶうまくなったなぁ。 » 自炊生活 – a set on Flickr

プラマイゼロ社の「加湿器 Ver. 3」を一週間使ってみた

さて先日『プラマイゼロ社が提唱する「ちょっと幸せな感じ」とは?』でも書いたとおり、同社の「加湿器 Ver.3」をモニター中です。 1週間ほど経ったので使用感をレビューしてみます。ちなみに今まで加湿器を使ったことはありません。加湿器の購入も検討したことがなくて、「あるといいかもなぁ、でもモノが増えるのもいやだなぁ」と思っていました。そういう前提でのレビューっす。 ■ 良いなぁ、と思う点 この加湿器に関しても他の商品と同じように良い点、そうでもない点の両方がありますね。そこのところは正直に。まずはこれは良いなぁ、という点。 ノドが痛くなくなった! 一番うれしいのは朝感じていた「ノドの痛み」がなくなったこと。あまりひどい痛みではなくて「ノドが乾燥するなー」ぐらいだったのですが、それでも起きたあとのすっくり具合は本当にうれしいですね。 比較対象がないのであくまでも体感値ではありますが、プラマイゼロ社の加湿器はスチーム式ということもあり、たしかにきれいな空気が出ているような気がします。近くで深く息を吸い込んでもノドにやさしいというか。 ここらへんはレビューが難しいですが、出てくる蒸気については不満はまったくないですね。 大きいけどかわいいからOK サイズに関しては「思ったより大きい」という感想を持っていたのですが、デザインがいいので(個人的には)気になりません。 こういう単体でぽんと置くものは大きさというか、「邪魔と感じるかどうか」が大事だと思うのですが、そういう意味では部屋に溶け込んでいていい感じです。 ↑ 使わないときでも邪魔だと思いません。 使用方法がシンプル 一応マニュアルを読んだほうがいいかと思いますが、それ以降は何を見なくても迷いようがないほど使用方法はシンプルです。水を入れて電源を入れるだけ。 こういう家電製品はたまに「確かああいうことができたなぁ・・・設定どうやるんだっけ?」と思ったりしますが、これに関しては読んだらマニュアル捨てちゃってもいいぐらいです。 電源がMac式w この加湿器、電源コードがついているのですが、磁石で軽くくっついてくれます(Macbookみたいな感じです)。こうなっているとちょっと足にひっかけちゃってもすぐにコードが抜けてくれるので安心です。寝てるときに使うので暗いところにありますしね。 ↑ 地味にここが秀逸。 以上ですかね。ちょっと少ないかもしれませんがw、むしろ存在を忘れるぐらいの溶け込み方をしているという意味でこれぐらいです。 ■ もうちょっとなぁ、と思う点 次にもうちょっとここが・・・という点をば。こちらもあまりありませんが。 音? 他の加湿器もそうだと思うのですが、最初に使ったときは「ちょっとうるさいな」という感想を持ちました。それで眠れなくなるわけではないですが、いままで寝るときは静かだっただけにしばらく気になりました(今はもう慣れましたが)。 タイマー? 機能がシンプルなのはいいのですが、タイマーぐらいはついているといいかもな、と思います。上に述べたようにちょっと音が気になるので寝た後1時間後ぐらいから発動してくれると良いですね・・・。 あとスチーム式は電力の消耗が激しいので数時間だけ稼動してくれればエコ的な気分に浸れますね・・・。どれだけ節約できるかの実益よりも、気分的なものですが、こういう「エコ的な要素」は大事だと思います。 ただ、タイマーがあることで操作が煩雑になることも考えられるので、時計をセットする、というよりもボタンを1回か2回押して設定完了・・・みたいになっているといいなぁ。 以上、勝手なことを述べましたが、「使っていてちょっと気分の良い製品」であることは間違いありません。なんといっても朝のノドの痛みが消えたのが大きすぎますね・・・。 他の加湿器と比較できていないのがちょっとあれですが、デザインが好みでしたらおすすめです。おしゃれインテリアショップには実物がよく置いてありますので是非触ってみてください。 その他の人のレビューはこちら。

F-02Aの背面液晶で遊べるミニゲームをレビュー!

F-02Aの最大の特徴である背面液晶ですが、ここで遊べるゲームが3種類ついています。なかなかよくできているので紹介してみます。ちなみにこのゲーム、あらかじめ組み込まれたものだけで、iモードから追加、といったことはできないようです。残念。 ちなみにどのゲームもモーションセンサーおよび側面についているボタン(TVボタン、サイドキーの上下)だけで操作します。 ↑ 使うのはこれらのボタン。 なお、ゲームを起動するにはケータイを閉じた状態でTVキーを長押し、そこのメニューからミニゲームを選びます。 ↑ ここね。 それぞれのゲームですが、画面が一番わかりやすいですよね。ちょっと長くなりますが、一気にご紹介。 コロコロ☆ラビリンス 本体を傾けてボールをゴールまで導くゲームです。なかなかむずい。 ↑ まずはタイトル画面。ステージは10種類! ↑ スピードを競います。 ゲーム画面。モーションセンサーの感度は結構よいので思い通りに操れます。 THE☆綱渡り クマさんを操作して風船をゲットするメルヘンなゲームです。 ↑ タイトル画面。 ↑ 夜が終わるまで、とか設定がメルヘンw。 ↑ サイドキーでジャンプできます。 ↑ 風船の種類もいくつかあるようです。 ↑ ゲーム画面。癒されます。 ゲット☆ジュエル こちらはシューティングゲーム。破片もよけないといけないのでなかなか難しい。 ↑ タイトル画面。 ↑ シューティングですね。 ↑ 破片もよけましょう。 ↑ 隕石の種類もいくつかあります。 ↑ ボーナスアイテムもありますよ。 ↑ ゲーム画面。 以上ですかね。正直最初はどうかなー、と思っていたのですが、ちょっとしたひまつぶしになかなかいいですよ。お気に入りはボールのやつかな。あと画面が大きいのも気持ちいいですね。ケータイもきれいになったものです・・・。 その他のレビューは以下からどうぞ! FOMA F-01A F-02A F-03A F-04A ブロガー徹底レビューまとめサイトへ!

Google Checkoutでの購入トレンドが調査できる『Checkout Trends』

だーいぶ前からありましたが、いろいろ調べていたら見つけたのでご紹介。Google Checkout自体の普及率を考慮しないといけないですが、これは興味深いデータ。 Googleの決済サービスでお客さんが何を買ったか、そのトレンドを調査することができます。しかも複数の商品を比べることも可能です。 ↑ 例えばゲーム機・・・うむ。 さすがに縦軸は公開されていないようですが、どの商品がどれだけ扱われているかを知るにはいいかもですね。こういうデータは公開されたことはないので興味深いですね。生々しいというか・・・。 いろいろ調べてみるとおもしろそうです。なお、公式ブログでのアナウンスはこちら。 » Official Google Checkout Blog: New on the hot list: Google Checkout Trends 実際に使ってみたい人は以下からどうぞ。 » Checkout Trends ■ 関連記事 あなたのサイトにショッピングカードを埋め込むための『Fat Free Cart』 | 100SHIKI.COM あなたのサイトでAmazonの決済機能が使える『Amazon Payments』がこっそりリリースされているらしい | IDEA*IDEA 課金サービスについて勉強した | IDEA*IDEA

あのDOOMがブラウザだけで遊べるように

KongregateであのDOOMが公開されていますよ。一番最初のエピソードですね。かなり懐かしい・・・。最初に登場したときは衝撃でしたよね。 ↑ 懐かしいぞ! この冬休みに再度クリアーしてみるのもいいかもしれませんね。ちなみに遊ぶにはFLASH 10が必要です。コントロールは以下のとおり。 WASDか矢印キー: 移動 Q,E: 左右にスライド SPACE: 撃つ R: 使う SHIFT+移動: 走る ESC: メニュー TAB: マップ 数字キー: 武器の変更 実際に遊んでみるには以下からどうぞ。それにしても昔は長時間かけてダウンロードして、という感じだったのですがねぇ・・・。良い時代になりました。 » Play Doom 1, a free online game on Kongregate ■ 関連記事 ブラウザ上でドミノ倒しゲームを作って遊べる『DRAWMINOS』 | 100SHIKI.COM JavaScriptライブラリのPrototypeで作られたRPGゲーム『ProtoRPG』 | 100SHIKI.COM YouTubeを使った世界初のインタラクティブゲーム?! | IDEA*IDEA