「介護施設にだまされるな!」ブロガー応援企画&新企画・・・

roumap.gif

さて突然ですが、ブロガー応援企画。書籍プレゼントです。

「介護は『やってあげるもの』ではなくて『お互いに楽しめるもの』であるべき」という願いを掲げる窪田君の初の著書です(彼の紹介は以下の記事でもしています)。

» シルバーエンターテイメントというコンセプト ~ 22歳起業家の挑戦 ~

「介護施設にだまされるな!」というちょっとあおり系のタイトルではありますが、介護施設の選び方が細かく書かれています。誤解しやすい語句だとか、そもそもどういう仕組みになっているかがわかります。パンフレットの見方だとかも参考になります。

kubota.jpg

↑ カラー図解が多くてわかりやすいですよ。

個人的には介護施設の見学でやるべきことが書かれている点が良いな、と思いました。こういうアクションガイドがあるだけでぐっと情報量が違ってきますから。

この前窪田くんとも話していたのですが、介護はひとごとではありません。自分の親や自分自身にとって必要になる可能性が高いので正しい知識を身につけていたいところです。

個人的にもっとも危険だと思っているのは「必要になってから勉強を始めること」です。介護が必要になったときにはあまり時間は残されていません。そういう状態では交渉力も弱いでしょうし、悪い業者にも捕まりやすくなってしまいます。

自分は関係ないよ、と言わずに、いまから介護について正しい知識を身につける準備をはじめてはいかがでしょうか。そのきっかけにこの一冊がなれば僕も窪田くんもうれしいです。

■ 応募方法

なお、今回は(というか今回からは)単に抽選でプレゼント、という形式をやめたいと思います。具体的には以下のような手順にします。

  1. 介護に関するお題を発表。
  2. プレゼントを希望する人はそのお題に対する回答を自分のブログにアップ。
  3. その後でその回答の掲載URLとともに応募フォームで応募。
  4. こちらで選考、素晴らしいアイディアについてはこのブログでも紹介。賞品もプレゼント。
  5. 応募していただいた方には『百式ポイント』を付与します。このポイント、こちらで管理しておきますので貯まった人にはイベント優先招待とか特典つけたいと思っています。

こういう形式にしたのは「単にプレゼントするのではブロガーの人にとってあまり良くないから」と思ったからです。

単にブログを書いているからイベントにいけるとか、モノがもらえる、とかの風潮にちょっと危機感を感じています。それよりも優れたアイディアをブログで提示できる人に良いことがあるべきではないかな、と思っているのです。

あきらかに応募の敷居が高いのでは、とか、アイディアの評価は妥当なのか、とかいろいろ疑問があるかもしれませんが、しばらくはこの形式でやってみたいと思います。賛同していただける方は是非ご協力ください・・・。

■ で、今回のお題と応募方法

今回は介護に関するお題なので以下のようにします。

介護は必要になってからではなくて、今から意識しておくことが大事です。そこであなたはクチコミが起こりやすい「占い」系サイトをたちあげることにしました。

あなたが考えたこの「介護占い」のサイト、(A)という情報を入力すると、介護に対しての意識を高めてくれるような(B)という情報を出してくれました。

さて、(A)と(B)には何が入るでしょう?

自由に考えてブログに書いていただき、下記のフォームにて今週土曜日の10日、深夜24時までにご応募ください。選考結果は来週の月曜日までに発表しますね。ちなみに今回は5冊、本を用意していただきました。

» 介護施設にだまされるな!応募フォーム

なお、優れたアイディアはこちらのサイトでもリンク付で紹介しますね。また、応募されたアイディアは基本的に誰もが再利用可能、ということにさせてください。

■ 百式ポイントについて

今回から「百式ポイント」なるものを導入してみたいと思います。かなり独断ですが、「これはいい!」というアイディアにはポイントを付与していきます。このポイントは将来イベントやらプレゼントやらで使えるようにしたいと思っています。

なお、優れたアイディアを出した人に分配されるポイントは毎回「応募人数×10」としたいと思います。たくさんの人が応募してくれるような企画に対してはたくさんのポイントが分配される、ということです。

このポイント、回数が増えてきたらランキングページも作ってみたいところです。

以上、かなり実験的な試みではありますが、最初は数名でもいいからとにかく始めてみたいと思っています。

こうしてアイディアをみんなでぶつけあう場所を作っていきたいのです・・・。そして優れたアイディア(定義が難しいですが・・)をもった方を百式的に応援していきたいのです。よろしければ是非ご協力ください。

■ 関連リンク

Pocket

SPONSORED LINK

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *