ちょっとしたアニメーションで立体的に見えてくる写真いろいろ

よくある手法ですが、新しい作品がいくつかあったのでご紹介。ちょっとしたアニメーションを使って写真をより立体的に見せる手法です。

仕組みは簡単。同じ物体を右目から見た像と左目から見た像を撮影し、それらを順番に表示しているだけのGIFアニメです。頭のなかでいい感じに脳内補正されて立体的に見えてきます。

立体に見えやすいものとそうでないものがありますが、なかなか味のある写真ですね。

いくつかご紹介。

streo_1.gif

↑ どこぞのキャンプですかね。少年がぐっと手前に見えますね。

streo_2.gif

↑ こちらも火のゆらゆらとあいまって立体的に見えますね。

streo_3.gif

↑ これ、どこでしょうね。奥行きがあって素敵です。

元ネタサイトにはもちょっとありますね。よろしければどうぞ。

» iSNiCHWAHR.de – Media – Amazing Stereo Pictures

こういうテクニックって名前をつけると素敵ですよね。「3D GIF」とかなんとかつけるといいな、と思ったり。

Pocket

SPONSORED LINK

0 Comments

  1. 少々目がチカチカしますが、これは良いですね♪
    特に暖炉が良いですね?
    しっかしいろいろなものに応用が利きそうです。

  2. 錯視を利用したBraviaの広告と錯視のまとめ

    錯視とはいわゆる目の錯覚で、人間が特殊な図形を見たとき、実際の大きさや形が異なるように認識されたり、静止画なはずなのに動いて見えてしまうことです。この錯視…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *