MiyagawaさんのPodcastがおもしろい(id:naoyaへのお返事) #dotinstall

SPONSORED LINK

Pocket

Tatsuhiko Miyagawa s Podcast

Miyagawaさんが始めたPodcast面白いですよね。

技術ネタを小一時間だらだらお話しているだけですが、業界や技術の動向を知ることが出来るのでとても勉強になります。出ているゲストも豪華ですしね(さすがmiyagawaさん)。

で、先日ep8が公開され、なんとドットインストールがちらりと登場!(ドットインストールの話は10:08ぐらいから)。

スーパーハカー達に何言われちゃうんだろう・・・、とドキマギしていたのですが、主にスクリーンキャスト収録に関するid:naoyaの疑問だったのでざっとお返事的に答えてみますよっと。

  • Q. よく間違えずに打てるな?普通、試行錯誤しない?
  • むろん、試行錯誤しまくりです・・・。特に勉強したての技術に関しては。

    せっかくなのでレッスン動画を作るまでの作業ステップをご紹介。

    1. 概要を知るためにWikipediaをチェック。歴史や他の技術との関連もわかるので。
    2. 公式サイトをチェック。おもにチュートリアルとAPIドキュメント狙い。
    3. Googleで検索しまくって資料をあさります。言語系だと「最速文法」とかとあわせて検索すると幸せになれます。
    4. あとは個別のサイトにて検索。YouTubeでは「Backbone Tutorial」とかで検索。Slideshareもいいですね。Nettutsもよく検索します。あとは定番ですが、Stackoverflowのタグ検索ね。Stackoverflowは数が多くていやになっちゃいますが、みんながつっかかるところがわかって便利です。あとたまーにQuoraも検索します。
    5. 全部見ると大変なので、すべての資料を見ながらとっつきやすそうなものを。この時点で相当なタブが開いているのでメモリまわりに注意です。ここでChrome固まると泣きたくなる。
    6. ちなみに最近の技術だと、核になる「入門本」みたいなのがフリーで配られていることが多いので(英語だけど)、それをまずは読了。
    7. ちなみに読みながら「ここは初心者向けじゃないなー」的なところを大胆に頭のなかではぶきまくります。
    8. 次に参考になったサイトをリンク集としてエディタにまとめながら、レッスンのざっくりとしたアウトラインを作っていきます。
    9. アウトラインを作ったら環境を整えて、ようやくコードを書いていきます。この時点では間違えまくり、試行錯誤しまくりっす。デバッグに半日かかることも(普通、そうですよねぇ・・・)。
    10. で、打ち込むコードが出来たらマイクの前でいよいよ収録開始、左側のモニターにコード映しながら、右側のモニターで収録する、というスタイルです。まぁ、左側にうつっているのを自分で書き写す感じですね・・・(簡単そうに見えてよく間違えるのが困る)。
    11. 収録が終了したら@fkoji先生に見てもらって内容チェックを受けます。この時点でミスが発覚して泣きそうになることもしばしば・・・(いや、まじで)。
    12. なお、チェックしている間に動画のタイトル画像とか、レッスン用のアイコンとか、説明用のテキストとか、ソースコードの整理とか、関連リンク集の作成とか、必要な補足情報のピックアップとかいろいろやります。
    13. チェックOKになったら、そこからは怒涛のエンコーディングタイム・・・。タイトル画像とエンディング映像をくっつけて、音声を調整してエンコーディングするのですが3分動画でも1本あたり10分ぐらいはかかるので、4台のMacBook Airを並べて同時作業を行います
    14. すべてのエンコーディングが終わったらYouTubeにアップして、ドットインストールのDBなどなどに必要な情報を登録して、告知用のブログ書いて、ツイッターとかFacebookに流して終了です。

    PHPとか自分がそこそこ詳しいものだったらまだいいのですが、最近は勉強が必要なものばかりなので、上記の作業に一週間とかかかったりしますね・・・。

    人に任せられるところは任せるべきとは思いますが、お金もないので泣きながらがんばります(協賛のお問合せはこちらから!w)。

  • Q. こんなにスムーズに進むわけがないので、練習しているか、よっぽど詳しいのか、じゃない?
  • 上記のとおり、練習しまくりっす。全然詳しくない。もっと自分が頭良ければ・・・と思うことしきり(Haskelムズい)。

  • Q. Typoにすぐ気づくのは芝居?
  • これは芝居のときとそうでないときがあります。

    バグった!というときはアドレナリン全開!になるので必死で間違いを探そうとします。それで収録しながら治るのが70%ぐらいじゃないですかね・・・。

    あとの30%は結局わからなくて、いったん収録をとめてじっくりデバッグをします。

    ただ、その場合は、ソースコードを収録前の状態に戻し、必要だったらCookieやDBの中身も修正し、といった手戻りが発生するので(すごい大変、あとテンション下がります)、なるべくその場で見つけるために必死になる!というのが実情だったりします。

そんなところですかね・・・。id:naoyaは僕と全然遊んでくれないので、非同期ではありますがこうしたコミュニケーションがとれて嬉しい限り・・・w。参考になれば。

ちなみに収録に関してよく聞かれる質問で、次のようなものがありますね・・・。

「声は変えられませんか?女性がいいです」

で、ですよねぇ・・・。

あ、ちなみに今回のMiyagawaさんのPodcast、オチのエピソードが秀逸でしたw。お時間ある方は是非。

» Podcast ep8: ゲスト 伊藤直也 高林哲 – Tatsuhiko Miyagawa's Podcast

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  • Trackback are closed
  • Comments (0)
  1. No comments yet.