【書評】 夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神(いつものお手紙付き)

SPONSORED LINK

Pocket

「夢をかなえるゾウ」のミズノンノからいつものお手紙が来ましたw。

2012-12-25 20.01.35

↑ がんばれ笑。クリックしてFlickrへ。そちらでは拡大もできますよ。

さて、「夢をかなえるゾウ」の続編です。

普通に、とても、良かった(もっと早く出せばよかったのに!)。

いつもの「ガネーシャ節」に加え、今回は新キャラも登場で名言(迷言?)のオンパレードです。最近あまり本を読まないのですが、「続きが気になってついつい開いてしまった」的に読んでいたらあっという間に読み終えましたよ。もっと読みたかった。3が出てもいいと思う。

2012-12-28 14.03.34

↑ さらりと読めるのですが、ところどころ深いです。

せっかくなので、いくつかぐっと来た言葉もご紹介。

「失敗したこと、恥ずかしいこと。全部人に話して笑い話しにすればええやん。そうすれば新しいことに挑戦できるんや

「世界とはつまり、そういうことなのです。感動するために、忘れてくるのです」

「欲求をぶつけながら、お互いが喜べる道を選んでいくこと」

お金で買える幸せは全て、他人が作ったものです。自分で幸せにならないと」

ストーリー的にはお笑い番組を見ている感じでニヤニヤしながら読めるのですが、ところどころに挿入される「偉人のちょっといい話」があいかわらず勉強になりますよ(ちなみに巻末にちゃんとした資料としてまとまっています)。教養というか、豆知識的におすすめです。

ミズノンノがいつも言っていますが、「笑えてためになる自己啓発書」の王道だと思います。冬休みの本選びに迷っている方はいかがですかね。

4864102252
夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神
水野敬也、、水野敬也のAmazon著者ページを見る、検索結果、著者セントラルはこちら 飛鳥新社

ちなみに「夢をかなえるゾウ」は文庫版になっていますね。こちらもおすすめ。

4864100829
夢をかなえるゾウ 文庫版
水野敬也、、水野敬也のAmazon著者ページを見る、検索結果、著者セントラルはこちら 飛鳥新社; 文庫版

それから一緒に献本してもらったこちらも良かったです。企画を聞いたときは「?」と思いましたが、プロダクトとしてうまく出来ているというか。こちらも後日書評を書こう。

4905073030
人生はワンチャンス! ―「仕事」も「遊び」も楽しくなる65の方法
水野敬也、、水野敬也のAmazon著者ページを見る、検索結果、著者セントラルはこちら、長沼直樹 文響社

でもオールタイム・ベストはこちらかなw。かなりおすすめです。男子向けの恋愛指南書ですが、僕がいたく感動して友人(女子)にすすめたところ、彼女もいたく感激して男友達に紹介、その男友達はこの教えを実践し、「すごくかわいい子と結婚した(友達女子談)」といういわくつきの一品です。是非。

4167798018
「美女と野獣」の野獣になる方法 (文春文庫 み 35-2)
水野 敬也、、水野 敬也のAmazon著者ページを見る、検索結果、著者セントラルはこちら 文藝春秋

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  • Trackback are closed
  • Comments (0)
  1. No comments yet.