【会社見学】 ゼロスタートでエンジニア教育についてディスカッションしてきたよ

SPONSORED LINK

Pocket

さてドットインストールでひきこもってばかりなのでたまには会社見学に。

今回は@zakiさんゼロスタート社に遊びに行って来ました(あ、最初に言っておきますが、記事広告とかじゃないですよ)。

きっかけは(最近このパターンばかりですがw)Facebookでのチャット。

@zakiさん「ドットインストールと何か一緒にできないですかねー」
僕「あー、なにかできるかもですねー」
@zakiさん「じゃ、ディスカッションしましょうよ」
僕「じゃ、遊びにいきますー」
@zakiさん「どぞ、どぞー」

■ ゼロスタートって、ところで何の会社?

ちなみに@zakiさんは元ライブドア社長からのゼロスタート起業という経歴の持ち主。

DSC00924

↑ お仕事中の@zakiさん。

もともとはインフラエンジニアで、会うと「パフォーマンスチューニングってどうやるんですかね?」と質問をしてみるものの、返ってくる答えが専門的すぎてよくわからん汗、というやりとりをよくやります笑。

あと最近はボルダリングからのクライミングが趣味だそうで、ちょっとやばい体脂肪率(数%じゃなかったかな)を誇る、ネコ好きな経営者でもあります。

ただ、そういう付き合いはあるものの、よくよく考えたら「ゼロスタートって何の会社だっけ?(← 失礼)」と思っていたので、いろいろお話を聞きつつ、ドットインストール的に一緒に出来そうなことはないかなぁ、と楽しくお話をしてきましたよっと。

まぁ、同社の事業は一言で言うと、「いろいろあって今はレコメンド&検索エンジンと、エンジニア派遣&紹介事業」なのですが(詳しくは以下のブログ参照)、エンジニア教育まわりで彼の経験がいろいろ興味深かったのでちょいとご紹介しておきます。

» 6年ちょっと振り返る : Nothing is impossible

DSC00914

↑ 文脈と関係ないけど猫写真撮ってきたのでいくつか入れてみる。

■ 集まったのは初心者ばかり…さてどうする?!

前職で@zakiさんはデータホテル(ライブドアのデータセンター事業です)を任されたそうですが、その当時は大変だったそうです。

「24時間の運用サービスなのにスタッフはわずか数名と、ひどい状況でした。」

そこで@zakiさんが手がけたのが「最速で初心者をスキルアップさせる!プロジェクト」。まずはライブドアのインフラチームの数名を引きぬいてベースとなる体制を作り、そこからは初心者を大量に採用して(彼曰く「かなりハードに」)教育したそうです。

「40代の数学教師、水道管工事してた人、マクドナルドの店長・・・いろいろな人がいましたね苦笑。でも教育してあげると3ヶ月ぐらいで運用を任せられるようになったのですよ。」

そうした経緯もあって、エンジニア教育には経験も興味もあるし、ドットインストールいいじゃないですか、という@zakiさん。

「業界では『イケてるエンジニアを獲得すれば勝ち』みたいな風潮があるじゃないですか?でもそれじゃパイの奪い合いでしかないですよね。そうじゃなくて『イケてるエンジニアを育てれば勝ち』みたいにしたいんですよ。」

ドットインストール的には「非エンジニア」がメインターゲットなのですが、そこから始めてやがてはエンジニアの裾野が広がればいいなぁ、と考えてもいるのでこのあたりは共感するところです。

DSC00881

↑ 流し目がイケメン。

■ 例えばTuningathon(チューニンガソン)とか?

そのあとはざっくりブレストをしてきたのですが、ゼロスタート社がやっている「Tuningathon(チューニンガソン)」はユニークですよね。

このイベント、お題で出されたシステムをカリカリにチューニングしていくのを競う、というものです。ハッカソンの「パフォーマンスチューニング特化版」といえば良いのかな(詳しくは以下の広報ブログ参照のこと)。

» ゼロスタートの広報ブログ : Tuningathon を含む記事

「こうしたお題を出してみるとやっぱり現場の知恵というか、『今ならVarnishとnginxが最強でしょ』的なものが見えてくるのですよね。エンジニア教育をしてきた経験からしても、『現場で起きている問題を解決する』というのがやはりスキルアップの一番の近道ですからね、学ぶところは多いです。」

実際いろいろなエンジニアが参加されているらしく、@zakiさん想定で「このお題なら3〜4倍は高速化できるんじゃないかなー」というところを「100倍ぐらい高速化しちゃいました(テヘペロ」みたいな人も出てきて盛り上がっているようです。

まぁ、ここまでマニアックなレッスンをドットインストールに、というのは初心者の域を完全に超えているのであれですが、例えば「パフォーマンスチューニングの基礎(技術協力:ゼロスタート社)」なんて組み方もいいですよねー、と盛り上がって来ましたとさ。

ドットインストールもそろそろ自社内(というか僕と@fkoji)だけでコンテンツ作成するのがきつくなってきそうなので、技術力をもった企業さんとうまい組み方が出来たらな、と思った一日でした。

DSC00911

↑ 手前にフォーカスがあたっちゃうなー。

■ なにかありますか?w

他にもいろいろお話させていただいたのですが、「すべての人にプログラミングを!」というドットインストールのビジョンからぶれることなく、うまい組み方がないか、じっくり考えていきたいところです。

それからせっかくお時間をいただいたので最後に「なにか宣伝することありますか?」と聞いたら「フロントラインを是非よろしく!」と言われたのでご紹介しておきます。

Webエンジニア クリエイターのための求人案件情報サイト フロントライン

» Webエンジニア・クリエイターのための求人案件情報サイト[フロントライン]

同社の事業のひとつであるエンジニア派遣&紹介事業のサイトですね。@zakiさん自身もエンジニアの採用&教育をしてきた経験から、「スキルアップをベースにしたご紹介ができるかと思います」とのこと。

技術がよくわかっている人が実際にヒアリングしてくれる、というのは確かに大事かもですね。無料でご利用できますので選択肢の一つとしていかがですかね。

DSC00907

↑ 気持ちよさそうです。そして@zakiさんの二の腕がちょっとやばい。

しかし、会社見学はいいですね。ドットインストール的にも次の展開を考えるうえでとても有意義でした。今回はありがとうございましたー!さて次はどこに行こうかな・・・。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  • Trackback are closed
  • Comments (0)
  1. No comments yet.