愛乙女★DOLL(らぶどる)のライブに行ってきた

SPONSORED LINK

Pocket

Photo

さて突然ですが、@cheebowさんが「アイドルのライブがあるけど行きませんか?」とつぶやいていたので、前のめりに参加してきました。

AKBに端を欲する日本独特の文化としての「会えるアイドル」は一度体験しておかねばな、と常々思っていたのですが、やっぱり一人じゃ敷居が高いですよね・・・。これはチャンス!とばかりに「行きまっす!!」と返信をキメ、18:20には秋葉原のソフマップ前で佇んでいましたw。

■ 1,000円でライブ+握手券

今回見に行かせてもらったのは「愛乙女★DOLL」(らぶりーどーる、と読むらしいです。読めねぇw・・・)。ライブでは研究生もあわせて5名が登場するとのこと(うち一人は13歳ってどういうこと)。

19:00からのライブなので、cheebowさんとソフマップの7階にあがり、まずは1,000円のCDを購入します。3曲入りでなんとcheebowさんが作曲された曲も入っているとのこと。そしてCDを買うとライブの入場券と握手券がついてきます(ちなみに2枚、3枚と買って握手券2枚をチェキ券として使うこともできます)。

あ、普通にAmazonでも販売していました。

B008OI71MK

» GO!! MY WISH!!

そのあとは開場まで「アイドル横丁」なるスペースで待つことになるのですが、こちらにはアイドルグループの生写真やらCDやらがずらりと並んでいてなんか圧巻、というか、落ち着きませんw。しかしcheebowさんと「楽曲提供ってどういう流れでそうなったんですか?」などなどの話をしていたらあっという間でした。

■ え、nipotan???

「あ、そうだ、nipotanって知ってます?」

アイドル横丁で話していたら唐突にそう切り出すcheebowさん。「え、nipotan?え、IT業界の?ダイエットの?」と軽くショックを受けつつも返事をすると驚愕の事実が!

「僕は曲を提供していますけど、ギターはnipotanに手伝ってもらっているんですよ」

「えっ!」

「え?」

「彼、ギターとか弾けるんですか?あのnipotanですよね?」

なにいってんですか、めちゃくちゃうまいですよ、彼

え、そうなの?体脂肪とか柔術とかLTとかの話題だけじゃないの?・・・と思って家に帰って調べたら普通にブログで告知していましたよ。nipotanの多才ぶりが怖い・・・。

» 愛乙女★DOLL の “GO!! MY WISH!!” が本日発売だから高まれます – にぽたん研究所

ちなみにnipotanも参加した曲はこちら。

↑ 4分ほどの映像です。ギター、nipotanなのか・・・。

■ 入場、そして開演

そうこうしているあいだに入場のお時間。入場券にはちゃんと整理番号が書かれていて、その番号順に案内されます。それほど広いハコではないので入場順も大事だよね、と妙に納得しつつ自分の順番を待ちます。

ちなみに一緒に待っている人たちは20代ぐらいの男性がほとんど。ただ女性もちらほらと。会社帰りに寄っているのかな?というスーツ的な方もいて良い感じです。

さて順番が来たのでエレベーターで8階へ。簡単な荷物チェックを受けた後に消毒液で手を洗います(風邪予防とからしい)。そのあとはおのおのが場所を確保しつつ開場を待ちます。

会場に着いたときの感想は「ステージ近っ!」。「会えるアイドル」をうたうだけあって、コンパクトな作りにテンションがあがります。また周りを見回すとファンの人達はそれぞれに顔見知りなのか、冗談を言い合いつつ和気あいあいといった感じです。

そしてしばらくすると「らぶどる」登場!

うわー、これは!あれだ、アイドルだ!って感じの振付と衣装と照明で眩しい舞台が幕を開けました。

■ 曲作りへのこだわり

開演までの時間、cheebowさんに「曲作りのコツってあるのですか?」と聞いていたのですがその話が面白かったです。

cheebowさんは自分の曲がかかるときは会場まで足を運んでファンの人たちがどう動くか、というのを観察しているとのこと。そして「あ、ここでコールがかかるのだな」「ここはもうちょっと拍をとらないとだな」といった気づきを次の曲作りを活かされているらしいです。

あとで気づいたのですが、ファンと密接して楽しむこうしたライブの場合は、曲自体の良さもさることながら、「いかにみんなが動けるか」「盛り上がるタイミングを作れるか」が大事なのだな、と気付かされました。曲作りとかしたことなかったので目からウロコでしたよ・・・。

■ 高まるテンション・・・

そうこうしているあいだに2曲め、3曲めに突入、MCも入りつつ会場との一体感も高まっていきます。会場ではいわゆるオタ芸も全開で、最初は「おぉっ・・・」と圧倒されましたが汗、「こういう振りもあったか」「あの動きはいろいろうまいw」と妙に感心しつつ、なによりみんな楽しそうだな、おい!というのがうらやましくもあったりw。

ライブ自体はそのまま数曲続き、メンバーのソロ、最後にもう2曲、さらにアンコールと、「1,000円でこんなに楽しめちゃっていいの?」という圧倒的な満足感。ここ最近、ドットインストールで引きこもり気味だったので良い気分転換になりました。そしてあれですね、元気でますね。日々の練習をこなしつつ、一生懸命ライブを組み立てているアイドルたちはとてもまぶしかったです。

■ はじめての握手会

そして最後は握手会。握手券を持っている人がわらわらと行列を作り始め、ひとりずつアイドルに声をかけつつ握手をしていきます。

握手会ははじめての経験だったし、「何をしゃべったらいいかわからないよ」的な感じだったのですが、cheebowさんが先に行ってくれて「あ、僕の友だちです」と紹介してくれたのでスムーズに「がんばってください!元気出ました」的なことが伝えられたので良かったです。ほっ。

あと想像していたのと違ったのは短い時間ながらもわりとしっかりと喋れるな、という点。

あまり長く話すとスタッフの人に背中を押されますが、しっかり目を合わせて握手しながら話せるので、コミュニケーションとったよ感がかなり高いですね。「また来てくださいね、絶対」なんて言われてちょっとクラクラ来てしまったのは内緒ですw。あぶない、あぶない。

■ エンターテイメントとしてのアイドルライブ

さて今回はじめてのアイドルライブだったのですが、思った以上にかなり楽しめたというのが正直な感想ですね。はじめての人にはシステムがわかりづらいですが、一度体験してしまえば、手軽に気分転換できるエンターテイメントとして(ちょっと癖はありますがw)かなりおすすめではないか、と。

新しいエンターテイメントを覚えることは人生の幅を広げますよね。アイドルにかぎらず、もっとライブにも行ってみたいな、とあらためて思いました。

というわけで、ちょっと長文&ライブの関係上写真があまりなかったのですが、イベントレポートでしたよっと。連れて行ってくれたcheebowさん、ありがとうございました!

あ、らぶどるの公式サイトは以下からどうぞ。元気があってかわいらしいアイドルたちでしたよ。

» #らぶどる 愛乙女★DOLL公式サイト

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  • Trackback are closed
  • Comments (0)
  1. No comments yet.