【書評】 スティーブ・ジョブス

SPONSORED LINK

Pocket

Photo

今更感たっぷりですが、「スティーブ・ジョブス」のご紹介。

すでに読まれた方も多いかと思いますが、まだの方は是非。経営とかそういうのを抜きにして、一緒にこの時代を生きた偉人の一人の生き様として、一般常識的に読んでおくべきではないか、と個人的には思います。

そしてこの本で一番感銘を受けたのはやはり「デザインへのこだわりの力」ですかね・・・。たった一人のこだわりがiPhoneをはじめとした巨大な市場を創造しえた、という事実に驚きを隠せませんよ・・・。

100年前に比べて人の生活が大きく変わったのは、「その瞬間瞬間で取りうる選択肢のオプションが膨大に増えた」ことだと思うのですが、そうした時代においては「デザインの力」がますます重要になってきます。「美しくなければ他のを探す」ということが容易くできてしまうからです。

自分でもネットサービスを開発していますが、自分が美しいと思えるデザイン(まだまだ洗練されていませんが、シンプルで使いやすいとは思います・・・)をこれからも追求していこう、と強く思いました。

また「デザインと納期だったらデザイン」「ずっと続く会社を作る」という点にも共感できました。こだわりを持って粘り強く、自分がやりたいことを成し遂げていきたいですね。

4062171260

» スティーブ・ジョブズ I

4062171279

» スティーブ・ジョブズ II

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  • Trackback are closed
  • Comments (0)
  1. No comments yet.