【書評】 だまされて。- 涙のメイド・イン・チャイナ

SPONSORED LINK

Pocket

Photo

またしてもHONZから衝動買い。

ちょっと読もうかな、と開いたら止まらずにそのまま読み続け、寝落ちを経て笑、深夜のカフェにて読了。あまりに生々しい話が満載で、いろいろ考えこんでしまいましたよ。

物語は中国の工場と欧米企業をつなぐコンサルタントの経験談。本当かねぇ・・・と思わないでもないところもありますが、ノンフィクションとのことです(でも本当でしょうね・・・)。

中国と接するときの個人的なテーマは「Enjoy The Difference!」なのですが、ビジネスの現場ではそれがコストやら信用やらに跳ね返ってくるので大変すぎますね・・・。

時代は変わってきているので、中国も変化しているとは思いますが「あー、そういう手でくるかー」「お、おぅ・・・そう考えるのね・・・」という目からウロコの発想が次々に登場してきて飽きることがありません(本書で出てくる欧米企業には気の毒ですが)。

最近は昔ほど「これからは中国だ!」という風潮ではありませんが、おとなりの国ですし、「こういうことも有りうるのね」ということは知っておいてもよろしいかと思います。多少なりとも製造業に携わる人だったら「自分だったらどうするかなぁ」と考えながら読み進めると良い頭の体操になるかと・・・。

個人的には、最後に出てきた「工場を妊娠させる」というアイデアがなんというか・・・すごかったですね。こういうノウハウも溜まっているところには溜まっていそうです。

ここのところIT業界でも「世界に出ていこう!」というトレンドがあったりなかったりだと思いますので、異文化とのビジネスを疑似体験するという意味でもおすすめです・・・。

4492443827

» だまされて。―涙のメイド・イン・チャイナ

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  • Trackback are closed
  • Comments (0)
  1. No comments yet.