採用の現場でソーシャルメディアはどのぐらい参考にされているか?

SPONSORED LINK

Pocket

これは興味深いですね・・・。多少の差こそあれ、日本でもこうなっていくのではないでしょうか。

採用現場において、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアがどう使われているかの調査結果ですよ。

r

↑ 91%が「採用の際に参考にしている」とのこと。

R 1

↑ もっとも使われているのはFacebook。

R 2

↑ 69%がソーシャルメディアを見て不採用にしたことがある、と。その理由は「不適切な写真をアップしていた」「不適切なコメントを書き込んでいた」「会社の悪口を書き込んでいた」「経歴や資質などに書かれていたことがウソだとわかった」などなど・・・。

就職活動中の学生さんなんかは気をつけたいところですよね・・・。友達同士でつながれるSNSではありますが、データをアップした時点でネット全体に公開されているぐらいに思っていた方がいいですよ・・・(と個人的に思う)。

より詳しくは元記事をどうぞ。

» How Recruiters Use Social Networks to Screen Candidates

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  • Trackback are closed
  • Comments (0)
  1. No comments yet.