【PR】 ロジクールのiPad専用キーボード『Logicool® Tablet Keyboard For iPad』を使ってみた!

SPONSORED LINK

Pocket

※ この記事は株式会社ロジクールとのタイアップ記事(広告)です。

ロジクールのiPad用キーボード、『Logicool® Tablet Keyboard For iPad』を使ってみたので早速レビューしてみます。接続はBluetooth、「設定」画面から難なく接続することができました。

↑ ケース兼スタンドがついたiPad専用キーボードです。

今までiPadはタッチだけで使ってきたのですが、やはり専用キーボードだけあって使いやすいですね・・・。iPadを使った作業がさらに効率化されそうです。いくつか個人的にぐっと来たポイントがあるのでざっとまとめてみます。

■ サーチキーが便利!

「気になることはすぐに調べる」を心がけているわけですが、そういう意味ではこのキーボードの「サーチキー」がとってもお気に入りです(利用頻度がもっとも高いですね)。

つまるところ、iPadの検索画面を開くためのショートカットキーなのですが、「あ、あれ調べたい」というときにさっとその画面に行くことができるので便利です。

↑ このキーですね。

↑ こちらの画面、キーボードを使うようになってからかなり高頻度で使うことに。

このサーチキー、Mac本体のキーボードにもつけて欲しいと思うぐらい秀逸ですよ・・・。作業の大半は検索に費やしますからね。このショートカットキーがあるのは本当に便利ですね。

■ ケース&スタンドが秀逸・・・

またこのキーボードの最大の特徴であるカバーも秀逸ですね。そのまま組み立ててiPadスタンドにすることが可能です。角度も調節できるのでぐっと作業がしやすくなります。

↑ こうしてカバーを組み立てて・・・。

↑ スタンドにすることができます。

↑ 持ち運びするときはこのようにキーボードを保護してくれます。

このケースと合わせて持ち歩くとちょっと重いのが難点ではありますが、スタンドを別途持ち歩く必要がないのはうれしいですね。

■ 各種ショートカットキーが便利!

ファンクションキーと合わせたショートカットも便利です。画面のロックに加え、iPodのコントロールも出来ますよ。

↑ これらのキーにはお世話になっています。

音楽を聴きながら作業をすることが多いので音量調整を手元からできるのはうれしいですね。

↑ こちらはホーム画面へのショートカットキー。地味に便利。

■ キータッチは?

気になるキータッチですが、キーピッチを広めにとってあるようですし、Macのキーボードによく似た配列なのですぐに慣れるかと思います(ただUS配列なので注意が必要です)。

個人的にはReturnキーがMacBook Airに比べて小さかったので、最初は打ち間違えがありましたが、使っているうちに気にならなくなりましたよ。

↑ 配列はこんな感じ。キーピッチも広いので楽々打てます。

なお、日本語と英語の切替はMacと一緒で、「Cmd+スペース」で行います。

■ キーボード導入で入力へのストレスが減った!

このキーボードを使い始めて気付いたのが、「無意識にキー入力へのストレスを感じていたのだな」という点。iPadのソフトウェアキーボードも秀逸だと思うのですが、やはり普通のキーボードに比べると打つのがおっくうだったりしますよね。

専用キーボードがあることでツイッターやGoogle+も積極的に使うようになったので、iPadで出来ることがぐっと増えましたよ。iPadでブログを書いたり、ちょっとした仕事を片付けたりといったこともストレスなく行えるようになったのが地味にうれしいです。

iPadでもっと仕事をしてみたい!という方はいかがでしょうか。商品の詳細、ご購入は以下からどうぞ。

» Logicool® Tablet Keyboard For iPad

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.