【F-12Cレビュー】 スマートフォンへの移行をしたときの設定や手続きまとめ

SPONSORED LINK

Pocket

さてF-12Cですが、基本的にフィーチャーフォンから完全移行して一本持ちをしていく予定です。

というわけでスマートフォンに移行する際に行った手続きや設定などをまとめておきます。

もちろん個々人で設定は違うでしょうが、僕の場合ということで・・・。「これからスマフォかなぁ」という方向けのチェックリストとして参考にしていただければ幸いです。

■ まずはdocomoショップへ!

基本的な移行の戦略を決めるにあたってはdocomoショップに行った方が速いかもしれません。僕がしたのは以下のとおり。

  1. SPモードの契約。スマフォを使うには必須です。なお、SPモードを使うにはimodeから切り替えるか、併用するかを選べますが、SPモードとの併用をチョイス。スマフォが微妙だった場合に最悪フィーチャーフォンに戻れますしね・・・。なお、imodeをいったん解除してしまうとimodeで使っていた有料サービスなどが問答無用でリセットされるので注意が必要です。
  2. moperaの解約。フィーチャーフォンでアクセスポイントモード使っていたので必要だったのですがSPモードがあるので不要です。
  3. iコンシェルの解約。スマフォでは使えないので。なお、電話帳お預かりサービスを便利に使っていたのですが、スマフォだと無料アプリを使って実現できるらしい(docomoのサーバー側も無料。やり方は後述)。
  4. imode.netの契約。スマフォに移行するときはimodeメールをどうするか悩みますが、前述したようにSPモードと併用するのでSPモードメールも使えるのですが、そちらは使わずに、従来までのiモードメールをスマフォのアプリ(後述)を使って取得することに。その際にimode.netが必要です。
  5. 「パケホーダイ・ダブル」から「パケホーダイ・フラット」へ変更。基本的にネット使いまくりなので500円安くなるこちらにスイッチ。ただ、テザリングやりはじめると上限1万円超えでどっちでも同じなんですけどね・・・。なお、「パケホーダイ・フラット」は日割り計算できないので来月から。
  6. ついでに通話プランも見直し。最近電話していないことがわかったので月額が安いプランに切り替え。
  7. 公衆無線LANサービスにもついでに申し込み。これは今後、使うかわかりませんが、なんとなく。

こうした作業はiモードメニューやネットからも出来るぽいですが、わからないところもあるでしょうし、料金プランの見直しなんかもした方がいいのでdocomoショップがおすすめです。

■ フィーチャーフォンで行う作業

さて次はフィーチャーフォンで行う作業です。

  1. iモードのマイメニューから有料で登録しているサービスをチェック。必要なら解約します(スマホでは使えないので)。久しぶりにチェックしたらまったく使っていないサービスにお金払っていましたよ・・・ショック!
  2. 電話帳のデータ、写真や映像をSDカードにコピーします。なお、メールは移行できません。あきらめましょう。
  3. モバイルSuicaの機種変更処理をします。他のiアプリもチェックしておきましょうね。
  4. imode.netの設定をします。PCでサイトにアクセスしてワンタイムパスワードをケータイに送信、それをサイトに入力することでアカウントが有効になります。docomo IDとパスワードを確認しておきましょうね(あとで必要です)。

さて次はいよいよF-12C(スマフォ)での作業です。

■ スマートフォンで行う作業

以下、やったことをざざっと。

  1. Googleアカウントをひもづけます。なお、Android用に別途Googleアカウントを取っている人もいますが、なにかと面倒なので普段使っているもので登録します。
  2. ただ、そうするとスマフォの連絡先がGmailのコンタクトと同期されカオスに。「設定」「アカウントと同期」「Gmail」のところで「連絡先を同期」を解除します。なお、すでに自動的に同期してしまっていた場合は、このあとに行うSDカードからの移行の前に全削除しておくとよろしいかと。
  3. ↑ これ、外しておきましょう。

  4. 連絡先アプリをたちあげて「SDカードからのインポート」を行います。その際に次のように聞かれますが、docomoを選択。Gmailと同期させちゃうと、SDカードの連絡先情報がGmailに入ってきちゃいます(それはそれで便利かもですが、とりあえず分離させときたい)。
  5. ↑ docomoを選択。

    ↑ なお、その次に聞かれるvCardファイルのインポートでは一番上を選択して、最新のvCard一つだけをインポートしましょう。

  6. SPモードメールを設定します。アプリをたちあげて「メール設定」「その他」「メール全般の設定」へ。SPモードのサイトにつながるのでSPモードのメールアドレスを取得します(使わないけど一応ね)。なお、SPモードの初期パスワードは「0000」になっているのでこちらも変更しておきましょう。
  7. ↑ こちらからSPモードのメールアドレスを設定。

  8. 次はモバイルSuicaの設定です。ドコモマーケットから検索してダウンロード。たちあげて機種変更の手続きすればOKです。あまりにすんなり終わったのでうれしくてコンビニ行っちゃいましたよw。
  9. お次はF-12Cでimodeメールを受信できるように設定します。これは「iMoNi」というアプリを使います。Androideマーケットからダウンロードして設定しましょう。設定する際にdocomo IDとパスワードが必要です。
  10. 次に「電話帳バックアップアプリ」を設定します。プリインされているので起動しつつ、バックアップを実行。万が一のときに便利ですからね。設定で周期も決められるので毎週バックアップするようにして完了。
  11. ↑ こちらも念のため設定しておきます。

■ おまけ

ついでにF-12Cの発売キャンペーンもご紹介。ストラップかカバーを先着順でもらえます。個人的にはストラップが良い感じなのでは、と思います。購入された方はお早めにどうぞ。

» 携帯電話(F-12C発売記念キャンペーン) – FMWORLD.NET(個人) : 富士通

そんなところですかね・・・。最初の設定なのでかなり複雑ではありますが、個人的にはいろいろわかってすっきりしましたよ。さーて、使い倒すぞー。いや、ほんといいですよ・・F-12C・・・。

F-09C/F-12C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-09C/F-12C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.