Googleのクラウドミュージックサービス『Google Music』についてわかっていることまとめ

SPONSORED LINK

Pocket

まだ米国限定ですが、Google Musicが公開されましたね。Amazon、Appleと競合がいるなかでGoogle先生がどこまで戦えるかに注目ですな。

というわけで今わかっていることをつらつらとまとめてみます。

まずは紹介ビデオがわかりやすいですよね。

↑ だいたいの流れがわかります。

あとは箇条書きで。

  • いまのところ米国限定。
  • 利用するにはGoogleアカウントが必要。
  • クラウドサービスなので、PCからでもAndroid(2.2以上)からでも聞けます。
  • 自分のPCから楽曲をまとめてImportが可能。iTunesからの移行もサポート。
  • いくつか「無料の曲」も提供。
  • ミュージックプレイヤーは基本的にiTunesと同じようなことができます(プレイリストつくったり曲買ったり)。
  • iTunesのGeniusに相当する機能も搭載。一つの曲から自動的にプレイリストを生成するInstant Mixですって。
  • もちろんオフラインでも聞くことができます。最近きいた曲は自動的にキャッシュされる他、曲を指定してキャッシュすることも可能。
  • ベータ版のうちは無料で利用が可能(将来的に有料になるのかな?)。とりあえず2万曲までOKらしいです。

そんなところかな・・・。全体的にみるとそれほど驚きがあるわけではないですが、基本をきっちりおさえつつ、本気出している感がすごいですよね。またGoogleで業界が大きく変わるのですかね・・・。

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.