【書評】 風が強く吹いている

SPONSORED LINK

Pocket

masaruさんの書評を読んで気になっていた本をようやく読了。泣ける、というか、泣いたw。

最近、皇居ランを始めたということもあり、「走る姿は美しい」と思っていたのですが、それを再認識させてくれた本です。走ることに興味がある人には特に読んでほしいです。

ストーリー的には超ストレートなランニング青春小説なのですが、走ることを通じてつながっていく人間模様や、「走ることとは何か?」についての深い思考など、考えさせられるシーンが次々にやってきて飽きることがありません。

またストーリー以上にストレートな言葉の数々に心を揺さぶられまくりました。たびたび登場する、強くてすがすがしい言葉にどすんとやられるたびに自分もこういう文章を書きたいな、と思ってしまったことしきりです。

それから個人的には知らなかったのですが、マンガや映画にもなっているようですね。映画は今度みてみようかな。AppleTVにないかなぁ。

読了した後には走りたくてうずうずしたくなってきますよ。「ランニングかぁ・・・」となんとなく走りに関しておっくうになっている人も是非どうぞ。

4101167583

» 風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)

映画はこちらね。レビューもなかなかいいですね、

B003187GDW

» 風が強く吹いている スペシャルエディション [DVD]

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. いつもブログ更新されるのを楽しみに拝見させていただいています。

    風が強く吹いている

    先日、たまたまAppleTVで発見し映画をみましたが、
    とてもよい物語で、普段からランニングしているのですが、
    走ることが更に楽しくなりました。

    泣くこと必至です。

  1. May 26th, 2011
    Trackback from : りゅうちゃん別館