【書評】 起業のファイナンス

SPONSORED LINK

Pocket

まずは献本御礼。そしていまさらながら読了・・・正直、もっと早く読めば良かった、と思えた本でしたよ。

各所で「奇跡的にわかりやすいファイナンス本」と紹介されていますが、本当でしたw。難解になりがちなファイナンスの勘所をざっくりつかむにはかなりの良書です。

2点ほど、個人的にぐっと来たポイントがありますので以下にまとめておきます。

■ 成功するベンチャーとは?

本書を読んで一番がつんと来たのは、「成功するベンチャーの要件は、ソーシャルグラフにはいりこんでいること」という彼の主張です。

昔ならいわゆる人脈やネットワークということでしょうが、ソーシャルメディアの時代では、ツイッターやFacebook、ブログなどを通じてどれだけ多くの「イケてる人」とつながっているかが起業にとってきわめて重要だと彼は述べています。

たしかに何をするにも一人でやるのはなかなか難しいです。特にベンチャー創業のようなスピード感あふれる環境ではのんびりしているわけにもいきません。

そうしたときにより効率的に人に出会うことができる能力はベンチャーにとって必須ではないかと思います。起業を視野に入れている人は、いまからソーシャルグラフにがっつりはいりこんでおくことがとても重要なのです。

■ だいたいこのぐらい・・・

この本を読んでいて随所にでてくるのは、ファイナンス業界で活躍している筆者だからこそが持つ「業界のスタンダードではだいたいこのぐらい」という数値の数々です。

こうした「業界内の人が肌感覚でもっている数値」というのはかなり大事ですよね。普通の教科書だと「さまざまな要因があるので一概にはいえない」とぼかされるところを「まぁ、いろいろありますがざっくりこのぐらい」と言い切ってくれるのはすごく勉強になります。こうした数値を学ぶだけでも本書を買う価値は十分にあるかと思います。

以上、「起業というのはどういうプロセスなのか?」の全体像をつかんでおくのは誰にとっても悪くないことだと思います。ざっと一読しておくことをおすすめします。

4534047576

» 起業のファイナンス ベンチャーにとって一番大切なこと

ツイッターもやっています!

SPONSORED LINK

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.